MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害(ADHD、ASD)や二次障害(社会不安障害)の改善策や思考を綴るブログです。

最近見た夢

突然ですが、みなさんは夢占いって信じますか?

 

私は、良い内容なら信じますww

 

なぜ急にこんな話をしているかというと、

先日「飼い猫が死ぬ夢」を見たからです。

 

夢でも死ぬと辛い

夢の内容は、玄関から飛び出した飼い猫が道路に飛び出して車に轢かれて、身体が真っ二つに分かれてしまうなんともグロテスクな内容でした。

 

夢の中でもぼろ泣きしたことを覚えています。

死ぬ夢は見た方が良い!?

大切な家族が死ぬ夢を見ると、朝起きたときに悲しい気持ちになりますよね。

ところが、身内が死ぬ夢は「近いうちにあなたに幸運が訪れますよ」と知らせてくれているようなのです。

 

私自身、主軸はしっかりしているのですが、人の意見に流されやすいといった特徴があります。

 

こうゆう考え方が素晴らしいと思ったら、すぐに自分の思考としてマネしたくなるタイプです。

 

だから、詐欺に引っかかりやすい方だと思います。

(過去に詐欺被害にあった経験もあります)

 

今では、しっかりとわきまえて情報を取り入れることができるようになっていますが、

当時の自分からしてみると「承認欲求」が強かったように感じます。

 

だからこそ、その弱みにつけ込まれて、べた褒めしてくれる人達のところに行ってしまったのだと感じます。

 

話は逸れましたが、

人が死ぬ夢は「人生がこれからどんどん好転していくので、好きなだけ行動しなさい」

という意味です。

 

ぜひ、死ぬ夢を見てしまっても悲観的にならないようにしてください。

大きな影響を受けた文章

先日、ADHDの薬を求めて病院に行きました。

主治医の先生に仕事で使うと説明をしたところ、

 

「あなたには薬は必要ない。

 充分今のままでやっていけるから大丈夫」だと言われました。

 

こうなったら

自分でどうにかするしかないと思ったときにとあるサイトに出逢いました。

これが自分の価値観を大きく変えてくれるきっかけになるとは思いませんでしたが。

 

その文章を一部抜粋します。

 

「人間は朝生まれ、夜死んで、次の日の朝また生まれ変わる。

 1日たりとも同じ自分は存在しない。

 だから、生きていることに感謝しつつ、

 自分のためではなく他人のためにお金を使いなさい。

 この世で成功するためには、『我』をなくしてどうすれば相手のためになるのか

 を考えることが重要です。

 人のために何かしてあげて、自分が幸せと感じる人生こそ

 最高の人生の送り方です」

 

この文章を読んだときに、人に優しくしていたつもりがまったくできていないことに気付かされました。

己の無力さを思い知らされた

この世の中に、『我』を持っていない人はおそらくいません。

問題なのは、その矛先をどうやって相手に向けるかです。

 

今年は、「自分に関わる全ての人に感謝を伝えていきたい」と考え方を改めさせられるほどの衝撃でした。

 

感謝の気持ちとどうすれば相手が喜んでくれるかを考えれば、恋愛においても仕事においても成功すると思うんですね。

 

「オレがオレが!」っていうタイプの人は、おそらく成功しづらいかと思います。

 

ぜひ、みなさんも愛する家族、友人、恋人がいたら、どうしたらみんなが幸せにしてあげられるのかを考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとまりはないですが、また近々更新します。