障害Webライターの半生

障害Webライターの半生

ウェブライターとしての現状と、ADHDやパニック障害といった日々と向き合っている様子を、ブログとして書いていきます。

日記はサボっていたわけではありません、書けなかったんです。

どうも。

 

皆さん、お久しぶりです。

 

Mackyです。

 

いやー、久しぶりのブログ更新ですね。

 

あっという間に1年の3分の1が過ぎ去ってしまいました。

 

皆さんは、いかがお過ごしですか?

 

私は、今月の28日で「ライター生活2年目」を迎えます。

 

時が経つのは早い者で、当時の事は鮮明に覚えています。

 

母親の実家で「自分にも出来る仕事」を探していたら、クラウドソーシングに出会ったこと。

 

当時の私は、発達障害である自分を受け入れることが出来ていなかったんですね。

 

まあ、当然のお話です。発達障害で仕事についていけないということもあったし、何より「医療事務」の内容が複雑すぎて頭に入ってこなかったんですよ。

 

今更ながら思うことは「よく5年間医療事務を続けて来れたな」ということです。

(病院関係者の方に対して、失礼な発言をしてしまっていることは理解しています。そのため、この段階で謝罪しておきます。)

 

現在は、自宅に居ながら仕事が出来ているので助かっています。

 

毎日、筋トレもかかさずに行っています。

 

ADHDパニック障害とも闘っています。

 

パニック障害はだいぶ症状が収まってきましたが、それも薬を飲んでいる間です。

 

とりあえず、この1年間で何が変わったかを書いていこうと思います。

 

長期間付き合えるクライアントさんと出逢えた

 

この出来事は、去年の11月くらいですかね。

 

それまでは、1ヶ月周期でお仕事をいただくクライアントさんが変わっていました。

 

当時の私は、「この仕事が終わったら○○円もらえる!」とお金のことしか頭にありませんでした。(おそらく、現在も潜在意識は変わっていないんじゃないかと思います。)

 

11月くらいにお仕事をいただいたクライアントさんとは、今年の1月から正式な直接契約を結ぶことになりました。

 

文字単価1円、SEO成功報酬は別、画像単価400円です。

 

月々の発注金額は40万円ですが、単価が1円なので、1ヶ月で分からないことも調べながらそこまでの文字数を書けるはずもありませんよね。

 

たぶん無心で文章を打つだけなら、やれなくはありません。

しかし、確実に腱鞘炎になるでしょう。

 

そのため、現在は他のクライアントさんの案件と平行しながら、そこの企業さんと毎日仕事をしている感じです。

 

ネット上だけのつながりだけではなく、実際にクライアントさんに初めてお会いしたのも、契約を結んでいただいたクライアントさんが初めてです。

 

現在は、合計3社のクライアントさんと、クラウドソーシングで繋がっています。

 

文字単価は上がった

1年間かけて、文字単価は飛躍的に上がりました。

当時の文字単価は「0.5円」や「0.1円」がほとんどでした。(当時はほとんどランサーズを使用していなかった時期です)

上手くいかないと飽きっぽい性格の私です。当然長続きするはずもなく、最初にいただいた報酬は「1万円」でした。

 

しかし、1年経った今では「6円」でお仕事をいただけるクライアントさんと巡り会うことが出来ました。

 

平均単価は、ようやく1円以上になりました。

 

新たな依存症が判明

最近は、ギャンブル依存症の他に、違う依存症が判明しました。

買い物依存症です。

思えば、サラリーマンだった時代から、暇を見つけてはパチンコ屋やゲームセンターに行って、お金を使ってばかりでした。

 

そのせいで、常にお金がない状態が続き、挙げ句の果てには、「クレジット払いをして商品を買って、買った商品を別のお店に売ってお金にして、そのお金でパチンコ屋で遊ぶ」という最低な日常を送っていました。(もはやライターの風上にもおけません。)

 

その代償は大きかったですが、やっと来月の支払いでクレジット払いしていた分が完済できます。

 

何が辛いって、自宅の目の前がパチンコ屋さんだってことです。

 

いまでこそ、パチンコの遊戯人口は減ってきていますが、あれはタバコ以上の麻薬と言って良いでしょう。

ギャンブル依存症の人にしか分からない悩みですが、当時はお小遣い制でした。(確か月に5万円だったはず)

そのお金が、一気に12万以上に増えることもあれば、1日でなくなってしまうことだってあり得たわけです。

※凄く極端な例ですが、お金がないのに1,000円だけ握りしめてホールに行ったら、30万円になって返ってくることもあります。(いまは、決してそのようなことはありません)

そこで、人間の思考回路はぶっ壊れます。

「負けても、また取り返せばいいや」という思考回路に陥ったら負けです。

「もう二度とやるか」と思うようにしてください。

どうしても打ちたくなったら、実機を買ってしまいましょう。

そして、実機を買ったら、必ずホールには行かず自宅で打つようにしてください。

そうすることで、お金の無駄遣いを防ぐことが出来ます。

(中には専業の方が居ますが、彼らは彼らなりの努力をしています。あくまでも遊びとしてやるなら、やらないに越したことはないということです)

 

ボイトレで無料カウンセリングを受けてみた

話が逸れに逸れましたので、本題に戻りましょう。

実は、先日クライアントさんとお会いする前に、ボイトレのカウンセリングをしてきました。

結果としては、大きな収穫がありました。

  • ミックスボイスは出せている
  • ビブラートに喉が慣れていない
  • 芯の通っている声の出し方がある

1時間でこの3つの収穫があり、さらに練習方法も教えてもらいました。

お金が貯まったら、正式に受け始めてみようと思います。

 

最後に

相変わらず、話が全くまとまっていませんが(これでもライターをやれています)、まとめると以下のような感じです。

 

  • 腰を据えて付き合えるクライアントさんと出逢えた
  • 初めてボイトレを体験した
  • 買い物依存症が判明(最高月に10万円、もちろんクレジット払い)

より自分のことが分かったので、今後は調節出来るようになっていくかと思います。

 

今後の目標は、学ぶ時の捉え方を変えることです。

 

あとは、時間に区切りを付けることです。

 

この2つを、今年中に克服できたらと考えています。

初心にかえる

みなさん、こんばんわ。

 

Mackyです。

 

更新頻度が遅くてすみません。

 

ウェブライティングについて勉強しながら執筆をしているので、どうしても時間が取れなかったんですよ。

 

そこで、今日は簡単に「ウェブライティングってどんな仕事なのか」について、触れておきます。

 

文章に命を吹き込む仕事

私は、ウェブライティングとは「命を吹き込む仕事」だと考えています。なぜなら、ネット上に転がっている情報を見ることで情報を収集して、生活に役立てているからです。

例えば、ゲームのダンジョンが複雑すぎて、ゴールが中々出来ないとします。そんなとき、あなたならどうしますか?

迷わずに、ダンジョンの情報をインターネットで調べますよね。ダンジョンの情報が分かったあなたは必ず「満足感」を得るはずです。

実は、ダンジョンの情報こそ、ウェブライターが書いた情報なのです。

つまり、私たちはウェブライティングをすることによって、多くの人物に満足感を与えるために、文章に命を吹き込んでいるのです。

 

良くも悪くも「歩合制」

 

ウェブライターの給料は、月給制ではなく完全歩合制です。

 

雇用されている人間と大きく違うところは、頑張った分だけ毎月の給料に反映されますが、一定金額の補償がないことです。

各社員によって、仕事能力が異なります。しかし、月々の給料は15万円前後で保証されています(金額が前後する企業が多いです)。

 

 

個人事業主となった、私たちフリーランスは仕事をもらわなくては生活していけません。そこで、仕事をもらうために活用しているウェブサイトが、「クラウドワークス」と「ランサーズ」の2社です。

 

この2社にはいつもお世話になりっぱなしで、感謝しております。

 

まさか、自分が得意とする文章作成で、自宅にいながら仕事が出来る日が来るとは、夢にも思っていませんでした。

 

まだ途中で何もまとまっていませんが、近日書く日記ではタイトルの意味が分かるかと思います。

 

それでは、おやすみなさい。

自分の在り方

みなさま、こんばんわ。

 

お久しぶりです。

 

実は、お仕事で直接契約させていただいているプロジェクトが、ようやく始動したので対応に追われたりしていました。

 

仕事が一段落付くまでは、日記の更新をしないと決めていたので、ようやく日記を書くことが出来ました(とは言っても全然稼げていませんが)

 

今日は、自分自身の在り方について、触れていきます。

 

何のために生まれてきたのか

 

人間というのは、どんな障害を持って生まれてきたにしろ、もしくは健全に生まれてきたにしろ、いつか死ぬその日まで生きていかなくてはいけません。

 

私たちは、「人生」という限られた時間の中で生きています。

 

どんな過ごし方をしていようとも、みな平等に時間は過ぎ去っていきます。

 

自分がどういった人間になりたいかによって、人生の過ごし方が大きく変わってくることは言うまでもありません。

 

誰もが、「後悔しないための選択」をするために、日々を努力して生きています。

 

それは、もちろん私も同じことです。

 

生まれてきた意味を知りたい

 

私は、生まれてきたからには、何かしらの意味があると考えています。

 

スピリチュアルに詳しい江原さんは、

 

「人は、生まれるときに、障害を選んで生まれてきている」

 

とも、おっしゃっています。

 

健常者に生まれてきたのなら、何をするために健常者として生まれてきたのか。

 

発達障害者であれば、何をするために発達障害者として生まれてきたのか。

 

まずは、そこから考えてみるべきです。

 

私であれば、「発達障害」と「パニック障害」を併せ持っています。

 

正直なところ、二つの障害を併せ持ってしまったところで、何の意味もありません。

 

「障害を持って生まれてきた人には1億円あげる」とかいう、バカな大富豪でも以内限り、何をするにもリスクのみが伴います。

 

落ち着いた行動が出来ないばかりか、興味のない話には、例え仕事の話であろうと頭に入ってこない。

 

そして、焦りだけが募っていき、パニックに陥る。

 

健常者からすれば、だれがこんな人間を雇うんだという話ですよね。

 

しかし、個人的には願いが叶ったことがあります。

 

ウェブライターになれた

 

それは、「ウェブライター」という仕事に出会えたことです。

 

現在、世間ではクラウドソーシングに注目が集まり始めています。

 

クラウドソーシングとは、「企業」と「個人事業主」の出会いの場です。

 

全てがネット上で完結するため、面接に行く必要もありません。

 

もちろん、交通費はかかりません。

 

自分の好きな時間に、稼ぎたいだけ稼ぐことが出来ます。

 

私は、2016年の3月末に退職してから、自分自身に向いている仕事を探しました。

 

ここで重視したポイントが、自宅に居ながら人間関係を気にすることなく、時間に縛られないことです。

 

なぜ仕事をそこまで選ぶ必要があるのか

 

発達障害のもっとも苦手なことは、相手の気持ちを汲み取る力がないことです。

 

例え、悲しんでいる人がいて、相談に乗っていたとします。

 

しかし、頭の中では、全く違うことを考えています。

 

つまり、まともに相談に乗れているとは言い難いのです。

 

自分が興味がないと感じた瞬間、思考が停止してしまいます。

 

発達障害は、当然仕事面でも影響が出てしまいます。

 

学生時代は普通に過ごせていたのに、社会人になった途端、周囲との意思疎通が取れなくなるのは、発達障害による影響だと言われています。

 

発達障害は、脳内メカニズムが健常者と違うことが、最近明らかになりました。

 

そのため、発達障害と公表している人と接する機会があれば、失礼な発言や行動をしても軽く注意してあげるだけにしてください。

 

別に相手を傷つけようとして、失礼な発言や行動をしているわけではありません。

 

本人は、まったく悪気はないのです。

 

自分の在り方

さあ、だいぶ道が逸れてしまった感じがありますが、触れないでください。

 

自分という人間は、周囲の環境によって、存在意義が異なってきます。

 

しかし、どんな理由があろうとも、自分の行動次第では存在意義を変えることが出来ます。

 

毎日、「あーあ、毎日仕事に行くのが面倒だから、宝くじでも当たってくれないかなあ。そうしたら、すぐにいまの仕事なんか止めて遊んで暮らせるのに。」と思っていませんか?

 

私は、当直体制がある病院に勤務してきました。

 

毎月5回、24時間半勤務がありました。

 

一番多い時で、25時間勤務です。

 

ちゃんとした休憩時間は、お昼の1時間と夕方の30分間だけです。

 

ちなみに、当直は1回いくらと金額が決められていました。

 

いわゆる「夜勤手当」というお金です。

 

しかし、月に5回も当直をしたところで、手取りは16万円ほどでした。

 

体力的にも金銭的にも限界が来たので、退職しました。

 

私は、企業に勤めることを止めてから、考え方が変わりました。

 

自分のパソコンスキルを必要としてくれる環境で、仕事が出来るなら定時で上がれなくても、有給がなくても良いや。

 

評価してくれる企業が1社いれば、それだけで十分じゃないかと。

 

その企業の為に、働かせてもらうことが、どれほど自分にとって有意義な時間か。

 

現在、企業はあなたを「必要」としてくれていますか?

 

単なる「補充要員」となっていませんか?

 

今一度、自分自身の在り方を、考えてみてはどうでしょうか。

 

行動次第で未来は変わる

 

行動次第で、いくらでも未来を変えることが出来ます。

 

私は、他人がどう思っているかを気にせず、自分が気に入った相手と過ごせれば、それだけで満足できるような人間になりたいと思っています。

 

また、私と同じような症状を持っている障害者のみなさんに、私のブログを読んでもらうことで少しでも勇気を持ってもらえたいとも思っています。

 

この2つが、明確な「私の在り方」です。

 

そのために、仕事で文章力を鍛えているのです。

 

理想を現実のものとするための努力をしなければ、何も変えられないし、変わりません。

 

現状に不満がありながらも、「仕事がない」が口癖で辞められないのではありませんか?

 

思い切って行動をしてみましょう。

 

お金を稼ぐだけなら、方法はいろいろあります。

 

悪い手段なんて使う必要なんてありません。

 

もちろん、楽してお金を稼ぐことはできませんが、努力をすればなりたい自分になることだってできます。

 

健常者なら、なおさらチャンスは無限に広がっています。

 

ぜひ、「なりたい自分」、「理想とする自分」を目指して努力していきましょう。

 

 

 

甘えてはいけない

こんにちわ!

 

ウェブライターのMackyです。

 

現在、クライアントさんからの電話待ちなのですが、その間に記事を書いています。

 

現在、パニック障害と闘っている私ですが、今日とある動画を見たんです。

 

孤独に感じる時にグッと来ます。」と「やる気がアップする名言集」と「自分に自惚れろ」いう以下の3本の動画です。


【名言】心に刺さる名言 辛いとき、孤独に感じるときに グッと来ます。

 


勉強や仕事 やる気が出ない苦しくて辛い時 やる気がアップする不思議な画像,名言集 マイナス思考排除

 


GACKT 男は自分に自惚れろ!今の若者たちに喝を入れてやる!

 

名言計の2本の動画を見た時は、感動のあまり涙腺がヤバかったです。

 

GACKTの動画を見た時には、自分の中に「甘え」が生じていたことに気が付いたのです。

 

結論から言いますね。

 

動画を見た感想としては、ゆとり世代は刺激を受けにくいんじゃないかと思います。

 

刺激を受けるとしたら、「ゆとり世代でも、現在本気で何かに取り組んでいる人」や「何かに挑戦をしようとしている人」と感じました。

 

突然ですが、ここでパニック障害を患っている人に対して、あえて失礼な発言をしますね。

 

私も、パニック障害ADHDを患っていて、尚且つ動画を見たからこそ言えることです(動画見る前と見た後だと、受ける印象が変わってくると思います)

 

パニック障害は、既に過去のことなんです。

 

自分は、確かにパニック障害を発症してしまった。

 

広場恐怖や予期不安を恐れて、外出がしづらくなっていることでしょう。

 

しかし、既に過去のことです。

 

いつまで、パニック障害から逃げているつもりですか?

 

逃げ場がない時に、「もしも、この状況でパニック障害が起きたらどうしよう」とか、考えていたりしませんか?

 

しかし、あなたがパニック障害で苦しんでいる間に、時間というのは待っていてはくれません

 

確実に、いまこのページをご覧になっている時間も「過去」になっていっています。

 

このまま、「パニック障害に苦しめられたまま、人生を終わらせたいですか?

 

私は嫌です。

 

まだ、やり残していることがたくさんあります。

 

だからこそ、まずはポジティブになってください。

 

夢と目標を以て、自分が将来なりたい人間を思い描いて下さい。

 

そして、自分に自惚れてください

 

自惚れることで、自分にはこういう特徴があるんだという「自信」が生まれます。

 

自信が付くと、一心不乱に自信が付いた物事に取り組めるようになります。

 

そして、「他人の言動」を気にしないようにして下さい。

 

あなたの人生なのに、なぜ他人の言動を気にする必要がありますか?

 

その相手は、自分がいなければ死んでしまうような、不幸な人間ですか?

 

そうでない限りは、例え悪口を言われようが、気にしてはいけません。

 

だって、あなた自身の人生なんですから。

 

しかし、参考になるような思考や行動だけは、盗むようにしましょう。

 

なぜなら、自分自身を成長させてくれるからです。

 

誰でも、何かを始めようとすれば、99%の人が反対します。

 

それは必然なことなんです。

 

だって、誰でも現状が変わるのが怖いから。

 

しかし、本気で取り組めるものがあるからこそ、不安になるような余計なことは考えなくなります

 

何よりも、本気で取り組めるものが出来た時に、パニック障害ということを忘れて楽しんでいる自分がいるはずです。

 

ただ、人間ですから、どうしても不安になってしまうような場面に遭遇してしまうこともありますよね。

 

そんな時は、交感神経を抑える2つのポイントを試してみましょう。

 

交感神経を抑えるポイントとは?

 

たぶん、見出しにするまでもありませんが、載せておきます。

 

パニック障害は、交感神経が敏感になってしまっているために起きる症状です。

 

ならば、その症状を緩和してあげればいいだけの話です。

 

一つは、どちらの指でも構いませんので、人差し指の爪の付け根部分を、もう片方の指を使って両方押しつけましょう。

 

交感神経の働きを抑えるツボです。

 

※下記は、イメージです。

f:id:macky3158:20170121151915j:plain反対側の親指と人差し指で、人差し指を抑えます。

 

目安としては、落ち着くまでがいいかなと思っています。

 

もう一つは、背筋を伸ばして深呼吸をすることです。

 

この時のコツは、「何も考えない」ことです。

 

あとは、首回りをストレッチしてあげてください。

 

おそらく、パニック発作を起こした原因の一つには、頚部のコリが少なからずあります。

 

お風呂に入った時に、上下左右にゆっくりと傾けるだけでも、だいぶ違います。

 

マッサージ店で、首のコリを取ってもらうのも良いかもしれません。

 

効果はあるので、ぜひ試してみて下さい。

 

では、また次回!

 

修正だけで終わった本日

みなさん、こんばんわ。

 

ウェブライターのmackyです。

 

いやー、月日が経つのは早いものです。

 

家族に「明けましておめでとう、今年もよろしく。」と言ったのが、まるで昨日のことのように感じられます。

 

さて、今日は直接依頼を出してくれていた、クライアントさんの修正作業に追われて半日が終わりました。

 

そして、クラウドワークス経由でテストライティングをやった某企業は、今日までに連絡をすると言われていたのですが、全くもって音沙汰がありません。

 

まあ、お仕事をくれるクライアントさんを大事にしていこう。

 

もう1件同時進行している案件があるのですが、クライアントさん同士が打ち合わせをしているため、追加発注は今のところありません。

 

現在、すごく微妙な立ち位置にいます。

 

直接依頼を出してくれているクライアントさんは、計4社。

 

修正依頼(午前中に済みで返事待ち)…1件(単価7,000円)

 

テストライティングの返事待ち…1件(採用されれば、単価4円)

 

クライアント同士が打ち合わせをしているため、初回発注以降、発注がないのが1件(単価3円)

 

単価が低いため手をつけていないが、仕事上のプログラムミスの原因をクライアントが探しているのが1件(単価1.5円)

 

この状態で、案件を探しに行ったら、仕事が被って終わらなくなりそうなので、待機しています。

 

パニック障害

 

救急車で運ばれたあの日から、早2ヶ月です。

 

薬は現在も服用中で、正式に障害者手帳が発行されました。

 

そもそも、パニック障害の原因と思われる場所から離れたのに、なぜ治らないのか。

 

その原因を調べていくと、冬になると寒暖差の影響で発生しやすいことが判明しました。

 

「広場恐怖」と呼ばれている症状で、外出を控えるようになったせいか、体重が5kg近く増えました(笑)

 

今日調べて分かったことですが、神経作用が集中しているのは「首」なんですね。

 

そのため、お風呂に入った時に首をマッサージしたり、左右にゆっくり動かしたりすることで、自律神経を整えることが出来るということを知りました。

 

早速今夜から試してみたいと思います。

 

何事も、ゆっくりで良いので早めの行動を心がけるようにしていきましょう!(自分に言い聞かせています

 

では、また次回!