MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害や二次障害の改善策や思考を綴るブログです。

発達障害に効く可能性があるサプリとは?

発達障害に効く可能性があると噂されているサプリを買い、とうとう1ヶ月が経ちました。

 

やっと、1ヶ月分飲み終わったので、レビュー記事を書きますね。

 

今回飲んだサプリ

今回、1ヶ月間飲み続けたサプリがこちらです。

 

ホスファチジルセリン

ホスファチジルセリンは、発達障害に効果があるといわれているサプリメントです。

 

f:id:macky3158:20181016110718j:plain

(飲み始めた日付もしっかり書いてありますね…w)

 

実際に飲んでみてどうだったのか

結論からいいますと、病院で処方されている薬を飲んだときと同じ感覚になりました。

 

飲むだけで、すっきりと目が覚めます。

 

ハッキリ言うと、効果の持続時間は短く感じました。

 

当たり前ですが、薬よりも効果の実感はできないです。

 

ただ発達障害の薬との違いは、

「集中するタイミングを自分で選べること」なんですよ。

 

発達障害の薬だと、「ストラテラ」や「コンサータ」が有名ですよね。

 

しかし、効果が強力な代わりに副作用が強く、飲みたくても飲めない人が多いです。

 

薬代も高くて、正直嫌になってきますよね。

 

ところが、ホスファチジルセリン

発達障害の薬のメリットに近い作用が得られるだけでなく、飲んでから1,2時間は効果が持続してくれます(個人差はあると思いますが、あくまで主観です)

 

つまり「この時間帯だけは集中したい」と考えている人には向いているかなと。

 

1ヶ月飲み続けましたが「副作用」も感じませんでした。

 

瞬間的に集中したい人には向いている

瞬間的に集中力を上げたい人、つまり「発達障害ADHD(不注意優勢型)」に適しているのではないかと思います。

 

落ち着いて物事を見れるようになった

サプリを飲んでから気付いたのですが、すべてが劇的によくなるわけではありません。

ただ、「物事をゆっくり落ち着いて見れるようになった」と感じます。

 

例えば、先延ばし癖がなくなり

「明日は〇〇があるから、必要な物を準備しよう」

といった思考に変わっていきました。

 

つまり「行き当たりばったりの行動」がなくなってきました。

 

臨機応変になったわけではなく、事前準備ができるようになっただけですw

当然ですが、臨機応変さを求められたら詰みますwww←

 

総評

サプリならではのデメリットもいくつかご紹介してきましたが、

 

「先延ばし癖がなくなった」

「飲んだ直後からスッキリ目覚めた」

 

これが、1ヶ月間飲んできた僕の総評です。

 

しかし、この2つが改善されるだけでも、だいぶ生活環境が変わるとは思いませんか?(๑╹ω╹๑ )

 

興味が沸いた人は、リンクを貼っておくのでぜひご検討ください。

PS(ホスファチジルセリン) 30日分

ブログを書けなかった理由

お久しぶりです。

 

Mackyです!

 

実は最近、ブログを書くのを放置していました。

 

仕事のやり方を再確認するのと、習慣化したことに時間を使っていました。

セミナーへ人生初参加してみた!

実は先日、都内でとあるセミナーに参加してきたんですね。

 

私にとっては「価値観が崩壊した」セミナーでした。

 

簡単に言うならば、

「今まで自分が悪いと思っていたこと」は、良いことなんだと気付かされました。

 

例えば、インターネット経由での商品紹介が当てはまります。

 

なぜ、商品紹介が良い考え方に至ったかというと、視野が広がったからです。

 

「インターネットでものを売る=楽して稼いでいる」

ではなく、

「インターネットでものを売る=実際に悩んでいる人たちのために商品を紹介している」

 

という考え方にシフトすることができたんですね。

 

とまあ、充実した濃い時間を過ごすことができたわけです。

noteの毎日更新

現在、有料note(月額200円)で毎日更新しています(現在2週間連続投稿中)

 

noteを書くために、ブログを書く時間を削っています。

 

以上が、私がブログを書けなかった理由です、更新できなかったと言った方が正しいです。

 

怖いものがなくなった

最近の心境の変化として、怖いものがなくなりましたね。

「惰性」で何かに付き合うことがなくなりました。

 

つまり、自分の時間を提供しても良いと思える人物とだけ交流を深めることで、より濃厚な時間を過ごすことができることに気付けたんですね。

 

みなさんも、自分が時間を提供しても良いと思える相手と過ごすようにしましょう。

【報告】

今日はみなさんに報告があります。

 

「メンタルライフハックnote」の定期購読申請が通りました!( ✌︎'ω')✌︎

 

現在は、すべてのnoteを移行してあります。

 

さて、どんな特典があるのかというと

  • メンタルライフハックnoteを毎日読める
  • 毎日更新
  • 読んだ「その瞬間」から使える内容が豊富
  • シンプルに書いてあるのでスキマ時間で読み終える
  • 初月無料

 

バックナンバー含めて、月額200円で読むことができます!

 

気になる人や今後も読み続けたい人は、ぜひ購読してみてくださいm(_ _)m

 

note.mu

 

よろしくお願いいたします( ✌︎'ω')✌︎!

「人生でやりたいことリスト」を作ってみた

Twitterで流行っていたブログに便乗してやってみました。

 

ただ流れに乗ってやるのではなく、どうしてこれをやろうと思ったかを説明しながら書いていきます。

 

なぜ「人生でやりたいことリスト」を作ろうと思ったか

 

結論からいうと、幸福になるためです。

幸福になるためといっても、宗教とかセミナーといった話ではなく、

 

「自分にとってやりたいことはなんなのか」

「どういった目的で仕事をしているのか」

 

この2つを視覚化するためです。

人間は、目につくところに小さな目標を貼っておくと、その目標を見るごとにモチベーションを維持できることが分かっています。

 

※みなさんが書くときには、短期的にやりたいことを50個、中期的にやりたいことを30個、長期的にやりたいことを20個書いてみるといいでしょう。

最終的に残りの長期的にやりたい20個に繋がるような目標を立てることが大切です。

 

では、書いていきます。

 

人生でやりたいことリスト100

 

1.人生の最期で「幸せな人生だった」と思えるように歩む

2.お金をもっと稼ぐ

3.自分のステージを上げつつ周りの人間関係も同じステージに変える

4.もっとHYDEさんの歌声を生で聴く

5.国内旅行をする

6.世界中を旅する

7.周りから否定的な人間をなくす

8.肯定的な人間だけを集める

9.家族を大事にする

10.数少ない友人を大事にする

11.好きな人のために歌を歌い続ける

12.たくさんの想い出を形として残す

13.一人になっても生き抜いていけるようになる

14.生きた証を残す

15.運動をする

16.心理学をもっと追求する

17.人生を楽しむ

18.好きな服を大人買いする

19.仕事とプライベートをハッキリ分ける

20.規則正しい生活を送る

21.常に感謝の気持ちを忘れずに過ごす

22.20代の内に月収20万円達成する

23.30代で結婚する

24.30代で月収50万円を達成してキープする

25.40代で月収100万円を達成する

26.家族に孫を見せる

27.不安障害を克服する

28.発達障害向けのライフハックをもっと提供する

29.楽観的に過ごす

30.読書量を増やす

31.発達障害の「エゴ」をなくす

32.気楽に過ごす

33.サッカーをやる

34.ボイトレをする

35.スキルを人に伝えるため講習会を開く

36.会いたい人に会う

37.スキルやマインドを盗む

38.自己投資を惜しまない

39.自己投資がある程度できたら他人に尽くす

40.今の仕事を極める

41.月の半分は自己投資の時間に使う

42.自分がやりたいこと以外はやらない

43.他人から誘われても損得感情で動く

44.時間の使い方を気にしてくれる人と関わる

45.対談をする

46.アシスタントをする

47.講演依頼を受けて日本全国を飛び回る

48.ブログを通じて悩みを解決したい

49.他の人が思いつかないようなイベントを仕掛ける

50.ネコと戯れる時間を増やす

51.未来について話し合う友人を作る

52.もう一度アメリカに行く

53.サクラダファミリアに行く

54.好きなアニメをひたすら見続ける

55.都市伝説を研究する

56.怖い話を聞く

57.恐怖映像を観る

58.地元の友人と会う機会を増やす

59.最前列ど真ん中でLIVEを聴く

60.失敗をたくさんする

61.挑戦をたくさんする

62.映画をたくさん観る

63.プールで泳ぐ

64.世界の絶景を全て観る

65.IT系の最先端の技術に触れる

66.最愛の人と結婚する

67.自分のマインドコントロールができるようにする

68.人の役に立つ知識を身に付ける

69.子供は2人くらい授かりたい

70.発達障害者と定型発達の架け橋になりたい

71.有名ライターになる

72.

73.

74.

75.

76.

77.

78.

79.

80.

81.

82.

83.

84.

85.

86.

87.

88.

89.

90.

91.

92.

93.

94.

95.

96.

97.

98.

99.

100.

 

100個も書けねえ!

書いてみて思いました。

意外と「日常的なこと」を重点的にリスト化されていますね。

あんまり「やりたいこと」ってないみたいですね。

 

絡む相手によってやりたいことは変わっていく

本当にやりたいと思えることだけ書いてみました。

書いていくうちに「超現実主義」ということが分かったので、おそらく半分くらいのやりたいことはすでに叶っています。

そして、あまり物欲がない…ww

※もしやりたいことが増えたら、追記していきます。

 

もっと多くの価値観に触れたい!

リストを作ってみて実感しました。

あまりにも、同じ価値観に触れ過ぎているせいで、バイアスが生まれやすくなっています。

もっと、俯瞰的に価値観について触れてみたいと思えた記事となりました。

「ペルソナ」について

どうも、Mackyです。

 

今日は「誰でも稼げる」ってわけじゃないですけど、稼ぐための一部のコツをご紹介します。

 

※ライターやブロガーは、どんな記事を書くか予想できると思うので、読んでも読まなくても構いません。

 

ペルソナってなんぞや?

ペルソナとは、一言で片付けるならば「空白の人物像」です。

 

例えば、

「20代後半の男性で、仕事もプライベートも上手くいっていない。

今後の人生をどうしようか迷っている」

といった人物像です。

 

※完全に思いつきで書きました。

 

誰か一人に向けてブッ刺すつもりで書く

「こんな人いない」って思うじゃないですか。

 

確かに、完璧に当てはまる人は少ないかもしれません。

 

ここで大切なのって、

「人物像の設定」ではなく(もちろん細かく設定した方が良いのですが)、

 

「ペルソナ」で設定した条件の中に、「この記事を見ているあなたと共感する部分(共通点)」があるかどうかなんですね。

 

つまり、どんなコンテンツ(記事、コンサル、動画)でも、共感する部分や満足してもらえる部分があると、リピーターが増えていきます。

 

ペルソナに向けた伝え方

 

ペルソナに、どうやって自分の思いを伝えるか考えたときに、パッと思いつきませんよね。

 

そんなときは、面白さやトーク術を追求しても良いでしょう。

反対に、面白いことやトーク展開が難しいと考えている人は、論理的に真面目な方向で話を進めていっても良いでしょう。

 

伝え方の練習方法

伝え方の練習方法は、みなさんも一度は経験があるかもしれません。

「相談」です。

 

ただ相談に乗るのではなく、相談に乗った時にどうやって相手に分かりやすく伝えるか。これが大切です。

 

このブログのテーマが「発達障害」なので、発達障害を事例に挙げましょう。

 

例えば、あなたが友人に

「実は発達障害だって診断されたんだ」と打ち明けた後に、

発達障害ってどんな障害なの?」と聞かれたとします。

 

そのときに、

発達障害っていうのは、脳内の神経伝達物質が…」から始めてしまうと、

「つまり、どうゆうことなの?」と相手を混乱させてしまいかねません。

 

発達障害は人によって症状がさまざまなんだけど、共通して言えるのは、

不注意が目立ったり、こだわりの強さが目立ったりすることかな」

と言った方が、相手に伝わりやすいですよね。

 

つまり、誰かの相談に乗ることで、

「こんな悩みを持っている人もいるんだ」と知ることができて、

悩みの種類に対して、どういったアドバイスをすることが効果的なのか、分かるようになってきます。

 

自分を客観的に見ることもできる

自分自身を相談相手に見立てて、客観的に話をしてみるのもアリかなと思います。

「現在の状況を打破したい、このまま一生を終わらせたくない」

「どうしたら良いかな」といった具合で、話しかけてあげると良いでしょう。

心の奥底にある本当の声が聞こえてくるかもしれませんよ。

 

稼ぎたいと思ったら、自分に足りないものを自己分析するときの方法としても使えます。

 

「もし、自分と全く同じ状況の人がいたら、どうやって現状を打破するのか」

こうやって置き換えて考えてみましょう。

 

今までの自分からは、想像もできないようなアイデアが生まれるかもしれませんからね!