障害Webライターの半生

ウェブライターとしての現状と、ADHDやパニック障害といった日々と向き合っている様子を、ブログとして書いていきます。

ADHD+ASDミックス型発達障害の苦悩

みなさん、こんばんわ!

 

Mackyです。

 

今回は、アスペルガー症候群の辛さについて書いていこうと思います。

 

アスペルガー症候群

アスペルガー症候群は、下記の記事を参考にしていただければと思います。 

macky3158.hatenablog.com

 先日、アスペとして初めて失敗を経験しました。

 

それは、興味のある分野以外でのコミュニケーションが「まったく」取れないことです。

 

「特定の分野」以外でのコミュ力皆無!!

 

アスペルガー症候群は、

特定の分野以外でのコミュニケーション能力がありません。

 

つまり、協調性がない人間に捉えられがちです(本人は無意識なんです)

 

なんていうか、

ありのままの自分はこんな感じなんです。

 

f:id:macky3158:20171111232149p:plain

 

これは、Twitterのフォロワーさんに言われて

「あ、そういえばこんな症状もあったな」って思い出せました。

 

というか、

この症状がそのまま出ていた可能性すらあります。

 

そのせいで、

大切なフォロワーさんを失ってしまうことになってしまいましたが。

 

私にとって、

家族、友人、恋人というのは

「常に側にいてほしい」存在というわけではなくて

「素の自分がいつでも帰れる家」みたいな場所だと思っています。

 

だから、

ずっと連絡を取っていなくても

全く苦ではありません。

 

もちろん、

誘われれば遊びに行きますが

基本的にひとりで行動していることが多いです。

 

おそらく私と会ったことがある方や友人、恋人であれば

「そんな症状前からあるやん」とか言ってくれそうですけどねw

 

ADHDASDを併発していると、

とにかく面倒くさいと思います!!(周りの人がそう感じているはずです。

 

好きなこと(興味のあること)に関しては、

「これでもかっ!!」っていうくらい話をしてくるのに

興味がないものに関しては、

話を聞こうともしない(話をしない)動向が見られます。

 

単に面倒くさいですよねww

 

こんな私と連絡を取ってくれているみなさん

あらためて感謝の意を表します。

 

いつもありがとうございますm(_ _)m

 

今日は、ふと感じたことを書き連ねてみました。

 

みなさんも思い当たる症状があれば

コメントなどいただけたら嬉しいです。

 

 

発達障害者と健常者のクリエイティブな個展に行ってみた

おはようございます。

 

Mackyです。

昨日、発達障害関係や健常者の方々が

創造性豊かなイベントを開催している個展に行ってきました。

 

f:id:macky3158:20171105111115j:plain

 

すごいと思ったのは、

発達障害本来の個性が活きたとき

誰にも真似できないコンテンツが生まれるんだろうなあと

改めて感じました。

 

※このブログにでてくる方すべてが

発達障害ではないのでご了承のうえ読み進めて下さい。

 

個展の作品たち

ここで作品集をご紹介していきます。

※掲載許可はいただきましたが、顔出しはしないのでご了承下さい。

 

その代わり、各展示者のTwitterアカウントを載せておきます。

 

まずはこちらの作品から。

 

f:id:macky3158:20171108175214j:plain

こちらの写真は、一眼レフの連射機能を使って撮った写真です!

 

まさに圧巻ですよね。

 

続いてはこちら。

 

f:id:macky3158:20171108175422j:plain

同じ方が撮られた写真ですが、

日本にもまだこんな絶景があったのか!と

思わせてくれる作品ですよね(*^_^*)

 

f:id:macky3158:20171108175740j:plain

こちらの画像も花火を撮られた方が撮影した写真です。

 

いつかぼくも、

こんな秘境を散歩してみたい衝動に駆られました…(*^_^*)

 

※ハンドルネームお聞きするの忘れたので、

もしご本人さんがご覧になってくださったら

Twitter経由かブログでも良いのでコメントをくださいw

 

訂正させていただきますm(_ _)m

 

では、次の作品をご紹介させていただきます。

 

f:id:macky3158:20171108175707j:plain

 

こんな部屋があったらすごくおしゃれですよね!

 

現代風に言えば「インスタ映え」するし、

古風に言えばすごく落ち着く部屋みたいです。

 

とても都内の一室とは思えない空間がここにはありました。

 

こちらを作成された方のTwitterIDを貼っておくので

作成して欲しい手芸などありましたら

ご依頼してみてはいかがでしょうか(^o^)

@LittleDevil_O

なお手芸歴は4年で、写真のすべての作品を仕上げるのに4ヶ月かかったそうです。

 

f:id:macky3158:20171108175834j:plain

 

こちらはポスターカードですね。

 

美術館の一角かと思わせるような作りになっていてすごいと思いました(*^_^*)

 

なお、上の天使をイメージした人間の絵ですが

初めて人間をモチーフに書いたそうです!(しかも手書き...)

 

本当にすごいですよね....(゜Д゜)

 

この作品を作った方の連絡先も載せておきますので、

ポスターカードを作って欲しい方がいれば

頼んでみてはいかがでしょうか(^_^)

 

この方は、健常者のイラストレーターさんです!

 

先日、無事に許可が下りたので

Facebookのアカウントを載せておきますね(*^_^*)

https://www.facebook.com/ha6peach/about?lst=100005513434884%3A100002143096408%3A1510233526&section=bio&pnref=about

 

 

f:id:macky3158:20171108175852j:plain

f:id:macky3158:20171108175925j:plain

f:id:macky3158:20171108175942j:plain

 

こちらはポエムですね。

日々の生活の中から感じたことを、

50音で表現された方の作品です。

 

50音あったのですが、

ぼくが表現力に長けているなあと感じたポエムを

厳選して掲載させていただきました!

 

f:id:macky3158:20171108175959j:plain

 

これはちょっとした遊び心でできたものですw

 

題名は「シャツを着た猫」にしておきましょう(いま決めた←)

 

発達障害の方々が集まると、

こういった作品が簡単にできてしまいます。

 

もとはカフェで渡される紙ですよ?

 

創造性豊かで本当にすごいと思います(^^)/

 

f:id:macky3158:20171108180013j:plain

 

このエレベーターは、

完全手動式という今では非常に珍しいエレベーターなので

記念にパシャリとw

 

発達障害には無限の可能性が秘められている

 

ここまでご覧頂いた作品を見ればお分かりになりますが、

得意な部分を伸ばしてあげればこれらの個性を

思う存分発揮することができることが証明されました。

 

多分、

良い意味で枠に収まっていられない私達だからこそ、

こうした行動ができているのだと思っています。

 

ぼくは、

人に情報を伝えることが仕事なので

こうしてブログに書かせていただいております。

 

もっとお伝えしたい情報はたくさんあるのですが、

個人のプライバシーもあるので

書ける範囲内で書かせていただきました(^o^)

 

発達障害の人にできる唯一のアドバイス

 

「がんばろう」

 

だけだと思いましたか?

 

そんな無責任な最後で締めくくるつもりはありません。

 

ぼくからできるアドバイスは、

発達障害だということを自己肯定してあげる

発達障害は活かせれば劇的に人生を変えられる

発達障害は必ず周囲にカミングアウトする

 (嫌な顔されたら友達止めればいいんです。

 受け入れてくれるのが真の友)

・作業を依頼されたら、

 普通の人と同じように理解ができないから

 「目的」や「やり方」を

 1~10まですべて教えてもらうようにする

 途中で分からなくなったら素直に聞き直す

 

以上のことを、

私生活に取り入れてみましょう。

 

確実に今後の人生が良い方向に変わります。

 

今回「まなみのまわり」で出逢ってくださった

全ての方に感謝を申し上げます。

 

本当にありがとうございました!

 

心がスッキリした気持ちになりました(*^_^*)

 

もしブログが良いと感じて下さったら、

ぜひTwitterもフォローしてやってください。

 

LINEのグルチャもやっているので

良ければそちらにもご加入いただければ幸いです。

 

たまーに

SHOWROOMで発達障害について情報発信しているので

時間のある人は観にきてやってください(完全に宣伝)

 

 

macky3158.hatenablog.com

 

 以上、

発達障害者の個展に行ってみた報告でした!

じぶんにできることってなんだろう?

こんにちわ、Mackyです。

 

昨日、やっとすこし難題だった(詰め込みすぎて疲れた)仕事を終えることができたので日記を書いています。

 

よくTwitterでお話しさせてもらうことが多いんですが、

みなさんは「したいこと」と「できること

ってどっちが多いですか?

自分がしたいこと、自分にできること

まあ、

したいことは上げだしたらキリがありませんが

できることって

意外と限られてくるんじゃないでしょうか。

 

現状に満足できている方はいいのですが、

給料が低い

休みが少ない

もはや社畜だコンチクショー!

って思ってる方は少なくないと思うんですね。

 

だけど、

「自分がすこしできるからとって

 同僚の愚痴を言っても、誰も得をしません」

 

よく周りにいませんか?

「アイツは仕事ができない、

 アイツといるとこっちにまで迷惑がかかる」

って愚痴ってる人。

 

その人は、おそらく給料が低いから

自分と同じ給料で仕事ができないことを

「給料泥棒」とか愚痴的に話しているんでしょうけど

周りの誰がその話を聞き続けて得をしますか?

 

誰も得をしませんよね。

 

私は愚痴を言わないのかって?

 

私の場合は、

愚痴をこぼすというよりも

「どうしたら効率よく仕事がこなせるか」

をクライアントと話し合うようにしています。

 

もし「物覚えが悪いな」とか言われても気にしないで下さい。

 

あなたなりにゆっくり覚えていけば良いわけですし、

相手の教え方が悪いだけかもしれないですから。

 

相手があなたの立場に立って、

分かりやすいように教えてもらえたら嬉しいですよね。

自分にできることを増やそう(見つけよう)

 

話がそれましたが、

これが今後の人生で一番大事なことだと、

私は考えています。

 

現在、無職で無気力なあなただとしても

やってみたいことは1つくらいありますよね。

 

なんでも良いんです。

 

「旅行してみたい」とか「ゲームをしていたい」とか。

 

大切なことは、

あなたがその物事に興味を持つことです。

 

自分が身につけた知識で相手を喜ばすことができたら

達成感に満ちあふれると思うんですよ。

 

そうすると、

「またやってあげたい」「他に同じような人はいないか」など

積極的になっていきますよね。

 

これが大切なことで、

行動力に繋がっていくんですよ。

 

むしろ、

あなたが「興味を持ったこと」「やりたいこと」が見つかったら

今すぐにでも初めの一歩を踏み出してみましょう!

できることを増やしていくと価値が高まる

できることを増やしていくと、

あなた自身の市場価値がどんどん高まっていきましょう。

 

私は、

向上心を持てない人間でした。

 

いまは、向上心を持って目標を作り取り組んでいます。

 

私は少量でも良いんで向上心を持っている人達と

いつも繋がっていたいです。

 

「どうせ俺なんか(私なんか)」って

内心思ってしまうような人は

人間関係を変えてみませんか?

 

環境が変われば、あなたの意識も必ず変わるはずです。

 

私は一生をこのままで終えるのが怖いから

毎日とはいいませんが

継続して何かに取り組むようにしています。

 

ぜひ、このブログをご覧になっているみなさんの中で、

「飛び込みたいけど飛び込めていない世界」があるなら

ぜひ挑戦してみて下さい!

 

共感できたり納得できたりしたら、

ぜひはてブしていただけると嬉しいです(^o^)!

発達障害が共有できること

こんばんわ、Mackyです。

 

今日は簡単に締めくくらせていただきます。

 

ズバリ、発達障害者が「共有できること」です。

 

なぜ今回この記事を書くことにしたかというと、

発達障害だからある程度のことは理解できるけど

性格面」で理解できない部分が多いからです。

 

発達障害と性格は似て非なるもの

 

「十人十色」とはよく言ったものでして、

一人一人の性格が違います。

 

そのため、「発達障害のあるある」は理解できても

相手の性格面を垣間見ると問題が起きてしまうことがあるのです。

 

今後やっていきたいこと

 

あくまでも、

発達障害について語り合い情報を共有できるような場所を

提供していきたいと考えています。

 

もし、同じく発達障害の方がいらっしゃいましたら

ぜひコメントをいただければ幸いです。

 

発達障害に関することでしたら、

少しはあなたの力になれると確信があります。

 

ぜひご連絡下さい。

発達障害について語る部屋

みなさん、こんにちわ(*^_^*)

 

Mackyです!

 

先日、webライター業界で有名な

「マツオカミキ」さんがとあるツールを使って、

ライブしていたのを発見したので紹介してもらい、

ぼくも使うことにしました。

 

TwitterIDも載せておくので、

興味のある方はフォローしてみてください(^^)

@matsuo_mk

 

※掲載許可はもらっています。

 

おそらく、

相互になってくれている(はず?)ので

ぼくのTwitterのフォロワーからでも飛べると思います!()

 

非常に多彩なことにチャレンジされている方で

ツイートを読んでいるだけでも「確かにそうだな」と

感心させられる方です。

 

その放送名は「発達障害について語る部屋」です。

生放送を行うに至ったきっかけ

私は現在までにブログやTwitterを通じて、

たくさんの発達障害の方々とコミュニケーションを取ってきました。

 

けど、

それだと大勢の人に話を聞いてもらえない。

一人一人と話をしていると密の濃い時間が過ごせるが

情報をさらに多くの人と共有したいと思い、

今回ライブを行いました。

初の顔出し生放送と視聴者さんの質問に答えてみた

ライブでは、

初めて動画としてリアルタイムで配信をしました。

 

ブログに書いてあることや、

ブログには書いていないあんなことやこんなこと(ry

 

さらには、

視聴者さんからの質問にお答えするなど

非常に有益な時間を過ごさせていただきました。

最終的に観に来てくださった人数

初ライブは13時から14時までにしておこうと思っていました。

 

ところが、

あまりにも人数が増えてきたうえに、

始めから参加してくださっている方もいたので

15時まで生放送を行っていました。

 

途中で撮った写真がこちらですね。

 

金曜日の午後3時前のやつですが

f:id:macky3158:20171014144100j:plain

まさかの1900人越え。

 

正確には、ライブを終了した時点で2072人もの方々に

ご視聴いただけました(*^_^*)!

 

本当にありがとうございます。

 

今後の課題点

 

原因はよく分かっていませんが、

視聴者さんから

「音量が小さかったというご意見と画面の画質が粗い」

などのご意見をいただきました。

 

どうすれば改善できるのかどなたか教えてください←

 

以上、

初めて生放送をしてみた結果、

大収穫があったというお話でしたm(_ _)m!

 

 

発達障害でも本を速読できて内容が理解しやすくなる方法

みなさん、こんにちわ。

 

今年も残すところ、

あと2か月となりましたね! ^^) _旦~~(前にも話したような←

 

実は、先日Twitterでとあるアンケートを取りました。

 

そうしたら、

「本を速読できて内容が理解しやすくなる方法」

が知りたいという声が多数上がったので

今回は、詳しく触れていこうかなと考えています。

 

ところで秋といえば、

みなさんは何も思い浮かべますか?

「食欲の秋」「読書の秋」なんて言葉もありますよね。

 

いいから早く本題にいけと罵声が飛んできそうなので、

さっそく本題にいきますね。

速読できて内容が理解しやすくなる方法

早速ですが質問です。

みなさんは、本を買う時に何を基準にして選んでいますか?

 

私は、大きく2つに分けられると考えています。

 

「自分にとって有益な情報が載っているか」

「自分が働いてる業界で有名な方が出した本かどうか」

 

※どちらが正解でどちらが不正解などはありません。

 

私も経験しているのですが、

大半の方が最初は有益な情報が載っている本を先に買って

そのうえで業界内の著名人が本を出せばそちらを買うのではないでしょうか。

 

場合によっては、

成功している著名人が本をすでに出していれば、

とうぜん著名人の本を買いますよね。

 

この流れは、自然なことだと感じています。

 

なぜなら、

著名人の本は「ありきたりな情報」だけではなく

自らの体験談をもとにしているから説得力があるのです。

本の内容を簡単に理解しやすくする方法

ここからは「発達障害者目線」でブログを書いていきますね。

 

私たちは、興味のないことには全く頭が働きません。

 

「仕事」や「プライベート」においてもそうです。

 

その代わり、

自分が好きなこと、得意なことに関しては周りが驚くほどの

集中力を発揮します。

 

その集中力を

「集中すべきポイント」へ一気に向けるんです。

 

たとえば、欲しい資格があったので書店に行ったとします。

書店への距離が遠ければインターネットで購入しても構いません。

 

上記でも記載した通り、

本を買う理由なんかはどうでもいいんです。

 

正解も不正解もないんですから。

 

では、

集中すべきポイントはどこなのか説明していきます。

 

必要なキーワードが書いてあるところ

まずは、

あなたが必要としているキーワードをピックアップしていきましょう。

 

そうすれば、あなたが何の目的でその本を買ったのかが

視覚的に分かるようになります。

 

つまり、

本を読んでいくうえで脱線することがなくなるのです。

キーワードが「主語」になっている部分

本は時間の短縮や知識の習得時間を、

読み方次第で早めることができます。

 

以前、テレビで東大生が本を読む時間を計測する番組をやっていまして、

速読の仕方が普段から読書をしていなければ身に付かないような方法でした。

 

「普通の人が多くて5~7文字程度をとらえているところを、

 1回で20文字以上をとらえている」というのです。

 

パソコンでたとえるならば、

サイトを開いてその文章を読み切るまでに

一回もスクロールを止めずに読んでいくみたいなものです。

 

そんな芸当できませんよね。

 

そこで、私達は「キーワードが主語になっている部分だけ」を読んでいくようにしましょう。

早い話が、「本を読む」のではなく「情報を読む」のです。

 

こうすることで、

いままで読み進めることができなかった本が、

圧倒的な速さで読めるようになるかもしれません。

 

もし分からない単語が出てきたら、

ネットで検索して理解できるレベルまで調べ落とせばいいのです。

内容がもっとも理解しやすくなる方法

人によっては理解できるレベルになるまでには、かなりの個人差があります。

そこで、理解できるレベルまで内容を落とし込んでいきましょう。

 

簡単にまとめると、

Aが分からない→Aについて詳しく調べる

→Bという新しく分からない単語が出てくる

→Bについて詳しく調べる→Cという新しい単語が出てくる

→Cについて詳しく調べる

 

これを繰り返していけば良いのです。

 

発達障害者用メモ

 

ここまで記事を読んでくる間に疲れてしまい

内容を思い出せなくなってしまったなんて方もいるかもしれません。

 

そこで、

最後にこれまでに書いたことをメモとして残しておきます。

 

  • 本を最初から最後まで時間をかけて読む必要はない
  • 自分に必要な情報さえ載っていればどんな本であろうと関係ない
  • キーワードをピックアップする
  • ピックアップしたキーワードが「主語」の文章だけを読む
  • 分からなければ理解できるまで深堀りを進めていく

以上の5つです。

 

Twitterで取ったアンケートを出せないのが残念ですが、

次回もアンケートと気分次第()でやるテーマを決めていくので

よろしくお願いいたしますm(__)m!

 

よろしければ、はてブか読者登録をしてくれると幸いです(*'▽')

 

ご覧いただきありがとうございました(*^^*)

 

 

発達障害だからこそ「注意すべきこと」

みなさん、こんばんわ!

 

Mackyです(^^)/

 

最近、いろいろな発達障害の方とTwitterなどで絡ませていただく機会が増えてきています。

 

その中で、印象に残ったことをお話ししたいと思います。

 

「当たり前」のことのように思えるかもしれませんが、ぜひご覧ください。

発達障害でも注意すべきことがある

TwitterなどのSNS発達障害の人を発見すると、「この人は自分と同じ境遇に立たされている人なんだ」と仲間意識を持たれると思います。

 

しかし、同じ発達障害でも以前ご紹介した通り、発達障害は症状全体の総称です。

 

macky3158.hatenablog.com

 

つまり、いくら同じ発達障害といえど、「症状の具合」「家庭環境」「個人の性格」が重なることによって初めて仲間意識を持っていい相手かどうかの判断に繋がってきます。

 

私を例に挙げて言いますと、

  • ADHDを持っている
  • アスペルガー症候群の傾向が非常に強いが「確定はされていない」
  • 母子家庭
  • 二次障害を併発している
  • 兄弟はいるが一人っ子状態

といった特徴があります。

 

世の中には、発達障害だけでなく「様々な環境に合わせて構築された性格」なども見ていかなくてはいけません。

 

私のグルチャでも以前ちょっとした事件がありまして、一人退会していただくことになりました(グルチャは現在も存続しています)

同じ発達障害でも情報収集程度に留めておく

自分と同じ発達障害の人を見つけて絡みに行くとします。

 

そこで注意すべきなのが、

自分と同じ障害を持っているから、この人には自分の悩みを打ち明けても大丈夫」だと思い込むことです。

 

否定的な意見として述べているわけではありません。

 

もちろん、交流を深めていってあなたに合う人がいれば

深い関係になっても良いのかもしれません(直接会ってみるなど)

 

しかし、同じ発達障害で同じ人間なのに「誰からも愛される人」と「愛されにくい人」「自分だけを愛してくれる人」が出てきます。

3つのタイプの違い

この違いは、性格にあるとしか言いようがありません。

 

私のフォロワーさんで、常にみんなに笑顔を振りまいている素敵な方がいます。

 

必ず、みなさんのツイートに対してコメントや「いいね」を押してくれる非常に癒やされる方です。

 

その方には、常にたくさんの「いいね」が付いたりやコメントしてくれる人もいたりするので、私も見習わなければいけないと影ながら思っています((

 

このような人物こそ、「誰からも愛される人」と言えるでしょう。

 

自分と性格的に合いそうだと思う人とは相互関係になれば良いわけですし、そうでなければ情報発信してくれる存在なんだと割り切るようにしましょう。

 

安易に人を信用するのではなく、徐々に距離を深めていくこと発達障害の人に向いていると言えるでしょう。

 

これは私だけかもしれませんが、

一気に距離を深めようとすると心身共に疲労してしまい

薬に頼ることになってしまいます。

 

 

そうならないように、

相手からしたら楽なことでも自分にとってはつらいことかもしれないので

試しているときに無理だと思ったら「必ず止める」ようにしましょう。

 

これは、どんな物事にも言えることです。

つき合う相手は決められる

あなたが今後人生でどのような関係を築いていくかは、あなた自身で決められます。

どうしても自分には会わない相手だと思ったら、無理してつき合う必要はありません。

あなたに合う人は、他にもたくさんいるはずです。

まずはそういった関係性の断捨離から始めていっても良いのかもしれません。

 

話は変わりますが、最近Twitter上での私のフォロワーが減少しつつあります。

それは、私と合わないと思った方がフォローを外しているのか心理は分かりませんが、「発達障害が原因なのかな」と頭で考えてしまうことがあります。

考えたところで、事実は変えられないので仕方ないんですけどね。

 

まあ、今後も増えていくように頑張って活動していきます!

 

最後に、不眠症で悩んでいるであろう発達障害のみなさまに

この記事をリンクしておきます。

 

 

ぜひご活用ください。

 

次回は、「TSUTAYAディスカス」で確実に自分の欲しいCDを借りる方法をご紹介しようかなと思います。