障害Webライターの半生

ウェブライターとしての現状と、ADHDやパニック障害といった日々と向き合っている様子を、ブログとして書いていきます。

発達障害について語る部屋

みなさん、こんにちわ(*^_^*)

 

Mackyです!

 

先日、webライター業界で有名な

「マツオカミキ」さんがとあるツールを使って、

ライブしていたのを発見したので紹介してもらい、

ぼくも使うことにしました。

 

TwitterIDも載せておくので、

興味のある方はフォローしてみてください(^^)

@matsuo_mk

 

※掲載許可はもらっています。

 

おそらく、

相互になってくれている(はず?)ので

ぼくのTwitterのフォロワーからでも飛べると思います!()

 

非常に多彩なことにチャレンジされている方で

ツイートを読んでいるだけでも「確かにそうだな」と

感心させられる方です。

 

その放送名は「発達障害について語る部屋」です。

生放送を行うに至ったきっかけ

私は現在までにブログやTwitterを通じて、

たくさんの発達障害の方々とコミュニケーションを取ってきました。

 

けど、

それだと大勢の人に話を聞いてもらえない。

一人一人と話をしていると密の濃い時間が過ごせるが

情報をさらに多くの人と共有したいと思い、

今回ライブを行いました。

初の顔出し生放送と視聴者さんの質問に答えてみた

ライブでは、

初めて動画としてリアルタイムで配信をしました。

 

ブログに書いてあることや、

ブログには書いていないあんなことやこんなこと(ry

 

さらには、

視聴者さんからの質問にお答えするなど

非常に有益な時間を過ごさせていただきました。

最終的に観に来てくださった人数

初ライブは13時から14時までにしておこうと思っていました。

 

ところが、

あまりにも人数が増えてきたうえに、

始めから参加してくださっている方もいたので

15時まで生放送を行っていました。

 

途中で撮った写真がこちらですね。

 

金曜日の午後3時前のやつですが

f:id:macky3158:20171014144100j:plain

まさかの1900人越え。

 

正確には、ライブを終了した時点で2072人もの方々に

ご視聴いただけました(*^_^*)!

 

本当にありがとうございます。

 

今後の課題点

 

原因はよく分かっていませんが、

視聴者さんから

「音量が小さかったというご意見と画面の画質が粗い」

などのご意見をいただきました。

 

どうすれば改善できるのかどなたか教えてください←

 

以上、

初めて生放送をしてみた結果、

大収穫があったというお話でしたm(_ _)m!

 

 

発達障害でも本を速読できて内容が理解しやすくなる方法

みなさん、こんにちわ。

 

今年も残すところ、

あと2か月となりましたね! ^^) _旦~~(前にも話したような←

 

実は、先日Twitterでとあるアンケートを取りました。

 

そうしたら、

「本を速読できて内容が理解しやすくなる方法」

が知りたいという声が多数上がったので

今回は、詳しく触れていこうかなと考えています。

 

ところで秋といえば、

みなさんは何も思い浮かべますか?

「食欲の秋」「読書の秋」なんて言葉もありますよね。

 

いいから早く本題にいけと罵声が飛んできそうなので、

さっそく本題にいきますね。

速読できて内容が理解しやすくなる方法

早速ですが質問です。

みなさんは、本を買う時に何を基準にして選んでいますか?

 

私は、大きく2つに分けられると考えています。

 

「自分にとって有益な情報が載っているか」

「自分が働いてる業界で有名な方が出した本かどうか」

 

※どちらが正解でどちらが不正解などはありません。

 

私も経験しているのですが、

大半の方が最初は有益な情報が載っている本を先に買って

そのうえで業界内の著名人が本を出せばそちらを買うのではないでしょうか。

 

場合によっては、

成功している著名人が本をすでに出していれば、

とうぜん著名人の本を買いますよね。

 

この流れは、自然なことだと感じています。

 

なぜなら、

著名人の本は「ありきたりな情報」だけではなく

自らの体験談をもとにしているから説得力があるのです。

本の内容を簡単に理解しやすくする方法

ここからは「発達障害者目線」でブログを書いていきますね。

 

私たちは、興味のないことには全く頭が働きません。

 

「仕事」や「プライベート」においてもそうです。

 

その代わり、

自分が好きなこと、得意なことに関しては周りが驚くほどの

集中力を発揮します。

 

その集中力を

「集中すべきポイント」へ一気に向けるんです。

 

たとえば、欲しい資格があったので書店に行ったとします。

書店への距離が遠ければインターネットで購入しても構いません。

 

上記でも記載した通り、

本を買う理由なんかはどうでもいいんです。

 

正解も不正解もないんですから。

 

では、

集中すべきポイントはどこなのか説明していきます。

 

必要なキーワードが書いてあるところ

まずは、

あなたが必要としているキーワードをピックアップしていきましょう。

 

そうすれば、あなたが何の目的でその本を買ったのかが

視覚的に分かるようになります。

 

つまり、

本を読んでいくうえで脱線することがなくなるのです。

キーワードが「主語」になっている部分

本は時間の短縮や知識の習得時間を、

読み方次第で早めることができます。

 

以前、テレビで東大生が本を読む時間を計測する番組をやっていまして、

速読の仕方が普段から読書をしていなければ身に付かないような方法でした。

 

「普通の人が多くて5~7文字程度をとらえているところを、

 1回で20文字以上をとらえている」というのです。

 

パソコンでたとえるならば、

サイトを開いてその文章を読み切るまでに

一回もスクロールを止めずに読んでいくみたいなものです。

 

そんな芸当できませんよね。

 

そこで、私達は「キーワードが主語になっている部分だけ」を読んでいくようにしましょう。

早い話が、「本を読む」のではなく「情報を読む」のです。

 

こうすることで、

いままで読み進めることができなかった本が、

圧倒的な速さで読めるようになるかもしれません。

 

もし分からない単語が出てきたら、

ネットで検索して理解できるレベルまで調べ落とせばいいのです。

内容がもっとも理解しやすくなる方法

人によっては理解できるレベルになるまでには、かなりの個人差があります。

そこで、理解できるレベルまで内容を落とし込んでいきましょう。

 

簡単にまとめると、

Aが分からない→Aについて詳しく調べる

→Bという新しく分からない単語が出てくる

→Bについて詳しく調べる→Cという新しい単語が出てくる

→Cについて詳しく調べる

 

これを繰り返していけば良いのです。

 

発達障害者用メモ

 

ここまで記事を読んでくる間に疲れてしまい

内容を思い出せなくなってしまったなんて方もいるかもしれません。

 

そこで、

最後にこれまでに書いたことをメモとして残しておきます。

 

  • 本を最初から最後まで時間をかけて読む必要はない
  • 自分に必要な情報さえ載っていればどんな本であろうと関係ない
  • キーワードをピックアップする
  • ピックアップしたキーワードが「主語」の文章だけを読む
  • 分からなければ理解できるまで深堀りを進めていく

以上の5つです。

 

Twitterで取ったアンケートを出せないのが残念ですが、

次回もアンケートと気分次第()でやるテーマを決めていくので

よろしくお願いいたしますm(__)m!

 

よろしければ、はてブか読者登録をしてくれると幸いです(*'▽')

 

ご覧いただきありがとうございました(*^^*)

 

 

発達障害だからこそ「注意すべきこと」

みなさん、こんばんわ!

 

Mackyです(^^)/

 

最近、いろいろな発達障害の方とTwitterなどで絡ませていただく機会が増えてきています。

 

その中で、印象に残ったことをお話ししたいと思います。

 

「当たり前」のことのように思えるかもしれませんが、ぜひご覧ください。

発達障害でも注意すべきことがある

TwitterなどのSNS発達障害の人を発見すると、「この人は自分と同じ境遇に立たされている人なんだ」と仲間意識を持たれると思います。

 

しかし、同じ発達障害でも以前ご紹介した通り、発達障害は症状全体の総称です。

 

macky3158.hatenablog.com

 

つまり、いくら同じ発達障害といえど、「症状の具合」「家庭環境」「個人の性格」が重なることによって初めて仲間意識を持っていい相手かどうかの判断に繋がってきます。

 

私を例に挙げて言いますと、

  • ADHDを持っている
  • アスペルガー症候群の傾向が非常に強いが「確定はされていない」
  • 母子家庭
  • 二次障害を併発している
  • 兄弟はいるが一人っ子状態

といった特徴があります。

 

世の中には、発達障害だけでなく「様々な環境に合わせて構築された性格」なども見ていかなくてはいけません。

 

私のグルチャでも以前ちょっとした事件がありまして、一人退会していただくことになりました(グルチャは現在も存続しています)

同じ発達障害でも情報収集程度に留めておく

自分と同じ発達障害の人を見つけて絡みに行くとします。

 

そこで注意すべきなのが、

自分と同じ障害を持っているから、この人には自分の悩みを打ち明けても大丈夫」だと思い込むことです。

 

否定的な意見として述べているわけではありません。

 

もちろん、交流を深めていってあなたに合う人がいれば

深い関係になっても良いのかもしれません(直接会ってみるなど)

 

しかし、同じ発達障害で同じ人間なのに「誰からも愛される人」と「愛されにくい人」「自分だけを愛してくれる人」が出てきます。

3つのタイプの違い

この違いは、性格にあるとしか言いようがありません。

 

私のフォロワーさんで、常にみんなに笑顔を振りまいている素敵な方がいます。

 

必ず、みなさんのツイートに対してコメントや「いいね」を押してくれる非常に癒やされる方です。

 

その方には、常にたくさんの「いいね」が付いたりやコメントしてくれる人もいたりするので、私も見習わなければいけないと影ながら思っています((

 

このような人物こそ、「誰からも愛される人」と言えるでしょう。

 

自分と性格的に合いそうだと思う人とは相互関係になれば良いわけですし、そうでなければ情報発信してくれる存在なんだと割り切るようにしましょう。

 

安易に人を信用するのではなく、徐々に距離を深めていくこと発達障害の人に向いていると言えるでしょう。

 

これは私だけかもしれませんが、

一気に距離を深めようとすると心身共に疲労してしまい

薬に頼ることになってしまいます。

 

 

そうならないように、

相手からしたら楽なことでも自分にとってはつらいことかもしれないので

試しているときに無理だと思ったら「必ず止める」ようにしましょう。

 

これは、どんな物事にも言えることです。

つき合う相手は決められる

あなたが今後人生でどのような関係を築いていくかは、あなた自身で決められます。

どうしても自分には会わない相手だと思ったら、無理してつき合う必要はありません。

あなたに合う人は、他にもたくさんいるはずです。

まずはそういった関係性の断捨離から始めていっても良いのかもしれません。

 

話は変わりますが、最近Twitter上での私のフォロワーが減少しつつあります。

それは、私と合わないと思った方がフォローを外しているのか心理は分かりませんが、「発達障害が原因なのかな」と頭で考えてしまうことがあります。

考えたところで、事実は変えられないので仕方ないんですけどね。

 

まあ、今後も増えていくように頑張って活動していきます!

 

最後に、不眠症で悩んでいるであろう発達障害のみなさまに

この記事をリンクしておきます。

 

 

ぜひご活用ください。

 

次回は、「TSUTAYAディスカス」で確実に自分の欲しいCDを借りる方法をご紹介しようかなと思います。

障害者厚生年金の手続きについて&今月の収支報告

みなさん、おひさしぶりです。

 

Mackyです(^^)/

 

まもなく9月も終わりを迎え、残り2ヶ月となりました。

 

なんか実感沸かないですよねw

 

そんな中、

先日、私は「障害者厚生年金の手続き」に行ってきました。

 

そこで、

今日は「障害者厚生年金の手続きのお話」をしていきます!

 

障害者厚生年金の手続きに必要な書類

 

私が障害者厚生年金の申請に行ったときに、

いくつか書類を渡されました。

 

以下に実際の書類を貼っておきますね(^o^)

 

これから行く予定の方は、

こんな書類を渡されるのか」くらいに思っていてください。

 

f:id:macky3158:20170926091258j:plain

まず、障害者厚生年金の手続きをするために

写真の書類を渡されます。

(メモ書きしている部分もあるので、

 汚くて申し訳ありませんww)

 

主に、

赤枠で囲われている部分を

すべて用意してください。

 

用意できたら、

地元の福祉課まで持って行けば申請は終了です。

 

この写真での注意事項をいくつか挙げておきますね。

  • 住民票は「家族全員分」
  • マイナンバーは自分のだけで良い
  • 障害認定日は「病院の初診日」

 

住民票は「家族全員分」用意する

おそらく、

市役所に使用目的を話せばすぐに印刷してくれます。

住民票は、

年金機構で必要な情報が記載されています。

マイナンバーは自分のだけで良い

少し紛らわしいのですが、

マイナンバー」だけは自分のだけで構いません。

申請するのは、あなた自身だからです。

家族のマイナンバーが合っても必要ないわけです。

障害認定日は「病院の初診日」

障害認定日は、その名の通り「初めて病院を受診した日」です。

 

ここで、病院を転院しているかどうか

書いてもらう初診日が変わってきます。

 

同じ病院にしかかかっていない場合は、

その病院の初診日を記載すれば良いのです。

 

ところが、

病院をいくつも転院していると

どの病院で正式に障害が認定されたかを確認しなくてはいけなくなります。

 

その分、認定日が分かるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

 

どの病院で障害が認定されたかを記録しておく

手続きがスムーズにできるかもしれませんね。

 

ここからは、渡された書類を公開していきますね。

自分で書く書類と先生に書いてもらう書類が混ざっていますので

注意して下さい。

 

自分で記載する書類

自分で記載する書類は、

「年金請求書」、「病歴・就労状況等申立書」の2種類です。

「初めてのご相談」という書類は、

初めて年金事務所に行ったときに渡されて

その場で書くことになるので気にしなくて構いません。

 

下記の5枚が年請求書です。

本来は、すべてくっついていて小冊子のようになっています。

今回は見やすくするために、1枚ずつ分けて撮影しています。

 

年金請求書

画像内の○で囲われている部分は、

自分で記載する部分です。

f:id:macky3158:20170926094113j:plain

f:id:macky3158:20170926094125j:plain

f:id:macky3158:20170926094143j:plain

f:id:macky3158:20170926094203j:plain

f:id:macky3158:20170926094214j:plain

 

病歴・就労状況等申立書

この書類も○で囲われている部分は自分で記載する部分です。

f:id:macky3158:20170926094230j:plain

 

初めてご相談される方へ

最初に行ったときに記載することになる書類です。

初回以降、毎回持って行くことになります。

 

病院をいくつか転院されている方

2枚目の裏面も記載してもらうことになります。

f:id:macky3158:20170926094242j:plain

f:id:macky3158:20170926094255j:plain

 

先生に書いてもらう書類

先生に書いてもらう書類は、年金診断書です。

 

年金診断書

この書類を書いてもらえて、初めてすべての書類が揃うことになります。

 

f:id:macky3158:20170926094308j:plain

 

以上が、障害者厚生年金の手続きに必要なすべての書類です。

 

ただし、注意点があります。

 

条件として、

  • 自分で服の着替えができる
  • 自分でご飯が食べられる

  • 自分でお風呂に入れる

に当てはまる人には、先生が診断書を書いてくれないことがあります。

 

理由としては、

日常生活にまで支障をきたしていないこと

が大きいのかもしれません。

 

チェック項目として、

上記の内容があるんです。

 

だから、

障害者だから厚生年金が欲しいと思っている方は

上記の3項目にあてはまっているか確認すべきでしょう。

 

先生によっては、書いてくれることもあるかもしれませんが。

 

事実、私は書いてもらうことができなかったのですが

将来「現在よりも状況が悪化してきたら」書いてくれる

と約束してくれたので、

それまではがむしゃらに仕事を頑張るしかありません。

 

以上が、障害者厚生年金の手続きの話になります。

 

もしもの話をしておきますと、

先生が書いてくれた場合、

書類をすべて年金事務所に持って行くことで

年金の申請を受理をしてもらうことができます。

 

実際に年金をもらえるようになるまでには3ヶ月程度

ここも注意が必要なのですが、

年金機構に申請が通ったからといって

すぐに年金が支給されるわけではありません。

 

審査に2ヶ月、支給手続きに1ヶ月かかると考えておきましょう。

計3ヶ月ですね。

 

あ、大事なことを書くのを忘れていました。

 

なぜ、成人になってから発達障害と分かった場合に

二次障害でしか年金申請ができないかです。

 

発達障害で年金申請ができない理由とは?

 

相談員さんの話を聞いて「なるほどな」と思いました。

 

発達障害は先天性の障害で

完治することはありません。

 

では、なぜ年金申請ができないのか。

 

それは、先ほどから出ている「障害認定日」がキーワードになってきます。

 

子供の頃に「発達障害」と診断されているかが鍵になる

子供の頃に病院で発達障害と診断される

療育手帳と呼ばれる手帳をもらうことができます。

 

これは、「幼少期から発達障害などの症状が見られる子供」に対して

発行される手帳です。

 

この手帳がないと、幼少期に発達障害だったかどうかを証明できないのです。

 

つまり、20歳を超えてから発達障害と診断された場合、

20歳以前に

発達障害だったかどうかを証明できない

ので年金支給の対象にならないのです。

 

以上で、障害者厚生年金の手続きについての話は終わりです。

 

今月の収支報告

 

ライターとしての今月の収支を公開させていただきます。

 

クライアントに恵まれ月収14万円達成!

ライターを初めて1年5ヶ月ですが

ようやく月収を2桁に乗せることができました。

 

コンスタントに仕事をくれるクライアントさんで

納期が短いときにはその分報酬をあげてくれる

といったクライアントさんと巡り会うことができました。

 

前回から比べると収入が3倍以上に増えましたが、

その分仕事量も半端なかったです。

 

とくに、ここ4日間は1歩も出歩くことなく

パソコンとにらめっこしてました。

 

そのおかげで、

スケジュールを前倒しして仕事を進める大切さを改めて

実感することができました。

 

私は、仕事上で自分に課しているルールが1つだけあります。

 

「引き受けた仕事は納期の2日前までに

 クオリティを保ちつつ必ず納品する」

 

といったルールです。

 

障害持ちのwebライターでも徐々に稼げるようになる!

 

ただ、決して無理をせずスケジュール管理を徹底すれば

障害を抱えていても

webライターとして月収2桁越えはできる

と証明することができました。

 

証拠画像を貼っておきますね。

 

f:id:macky3158:20170927114239j:plain

 

現在はクライアントが決算期に入っているため

次回の仕事がいつ来るか分からないので

仕事の依頼が来るまでは

自分にできる別の仕事で実績作りをしていこうと考えています。

 

遊べる時間が確保できるように、

もっと作業単価をあげる努力をしていこうと思います。

 

また何かありましたら、ご報告させていただきます。

パチンコ、スロット辞めます!!!

こんばんわ、Mackyです(*'▽')

 

最近雨ばかり降っておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

私はといいますと、お仕事を定期的にいただけておりまして

嬉しい悲鳴が上がっています。

 

さて、今日は勝手に自分の中でタブーとしてきた

「ギャンブル」の話について記載していきます。

 

日本人になじみのあるギャンブルってなに?

 

ギャンブルと言えば、競艇、競馬、カジノなど様々な種類が挙げられます。

 

もっとも私たちの身近にあるギャンブルと言えば何が思いつくでしょうか?

 

そうです、パチンコです。

 

発達障害(とくにADHD)が手を付けてはいけないものの一つに

パチンコ、スロットが挙げられます。

 

発達障害がギャンブルをしてはいけない理由

 

理由は簡単で、

短時間でお金を稼げてしまう」のと

楽しみながら稼げるから」です。

 

そもそも、

短時間で楽しみながらお金が稼げる方法」なんて

この世に存在しないことを明言しておきます。

 

ADHDの特徴は「過集中」だと、

以前の記事でもお話をしてきました。

 

この特徴は、パチンコにもあてはまってしまい

より効率的に「パチンコで稼ぐ方法」を探してしまいます。

 

こんな立ち回りだったからこの結果に終わったけど

次からはこう立ち回ってみよう」など考え始めます。

完璧主義者ならとくにそう考えるかもしれません。

 

パチンコにのめり込んでしまうと抜け出すのに

よほどのことがない限り8年以上はかかると思います。

 

パチンコをやったことがない人には理解が難しいかもしれませんが

たとえば用事があってどこかに出かけたとしましょう。

その道中で、新台が導入されたという広告を見ただけで

打ちに寄ろうかか悩んでしまうほどです。

 

辞めたのでぶっちゃけますが

「オフ会に参加しようとして取っておいたお金」を

パチンコで負けてしまったせいで

口実を作って行けなくなってしまったなんてことが

ザラにありました。

 

つまり「他に使う目的があるために使ってはいけないお金」を

「長期的に見れば

 90%以上の確立で負ける可能性が高いパチンコ店

で使ってしまっているんです。

勝つときは勝つし負けるときは負ける

スロットには「設定」と呼ばれているプログラムがあります。

 

設定には1から6まであって、

6がもっとも「勝ちやすい」設定と思っておいてください。

 

全国にあるパチンコ店の中には来店実践がある日に

頻繁に最高設定を使っている「優良ホール」があったり

ライターさんの来店があろうと低設定しか入れていない

「通常のホール」の2種類があります。

 

ここで、あらかじめ申し上げておきたいことは

設定に関係なく勝つときは低設定でも勝てる

 負けるときは高設定でも負ける

っていう事実です。

 

私は趣味で好きなライターさんの実践動画を拝見しています。

 

動画で打たれている台が好きだから見ているというよりも

ライターさんの人間性が好きだから見ている部分もあります。

 

youtubeに結構な数の実践動画が上がっていますが、

高設定確定演出が出ているのに収支がマイナスの動画があれば

台の挙動が低設定で「10万円以上投資してからのプラス収支」

なんて動画もあります。

フリーズに夢を見てはいけない

設定の話をすると、

結局デカいフラグを引ければ良いんでしょ?

っていうお話になりますよね?

 

それでは質問です。

 

箱の中に8192個の玉が入っており、

1個だけ当たりの違う色の玉が入っていたとします。

(※ここでは最小分母の一撃フラグを対象にしました)

 

毎日開店から閉店まで打って、

その当たりの玉を引けると思いますか?

 

あなたは、「8192回転回せば当たるに決まってる」と思いましたよね?

実は仕組みが違います。

 

パチンコ・スロットの両方とも1回転回すたびに

1回抽選が受けられます。

 

しかし、出した玉は再び箱に戻すんです。

 

つまり、8192個の玉の出し入れを当たりを引くまで繰り返すんです。

 

大体、いまのスロットの回転数は

もっとも少なくて20~25回転前後、

もっとも多くて40~44回転と公表されています。

 

ちなみに、この回転数は20円スロットであれば

1000円を1枚あたりの回転数」です。

 

おそらく、大きなフラグを引く前に財布の中身がなくなります。

 

レートを下げても結果は同じ

 

じゃあ、「10円、5円、2円スロットを打てば良いんじゃないの?」

と思いましたよね?

 

確かにレートが低くなれば、その分回すことはできます。

 

だからと言って、当たりが引けるとは限りません。

 

いくらレートが低くなっても、

当たりが引けなければ投資は膨らんでいく一方です。

 

では、その当たりを引いたとして投資分を捲けるかと言ったら別問題になってきます。

 

現在、もっとも爆発しやすいと言われている台が

「ミリオンゴッド凱旋」ですね。

 

この台は、「1/8192」の代表格に当たる台ですが

8192のフラグは「6セット」となります。

 

簡単に言うと、純増通りにコインが増えていけば1800枚の獲得となるわけです。

 

金額に換算すると

20円・・・36,000円

10円・・・1,8000円

5円・・・9,000円

2円・・・3,600円

となるわけです。

 

あなたは、パチンコ屋さんに通い続けて

長期的にわたってフリーズフラグを引ける自信がありますか?

 

私にはありません。

 

スロットを辞められた決定的な理由

 

これまでは、宵越し天井狙い、ゾーン狙い、天井狙いといった

3つの立ち回りをしてきました。

 

宵越し天井狙いとは、

ネットでデータが見れる店舗のゲーム数をチェックして

天井機能が発動する(必ず当たる救済機能的存在)まで

300G以内の台を候補に挙げておき

次の日の開店から打ちに行くといった打ち方です。

 

そのお店は、5円などの低貸しには

設定変更やリセットをかけないお店だったので

当然狙いに行きました。

 

予定通り台を抑えることに成功したのですが

なんと前日と合わせた天井ゲーム数に達しても

天井が発動しなかったのです。

 

このとき、私の脳裏にある言葉がよぎりました。

こんなことをしている場合じゃない」と。

 

ちなみに、私の通っていたパチンコ店さんは

車で1時間弱の距離に数店舗あります。

 

一番確実な方法を消された私には、

他にチェックしておいた台を打つしかありませんでした。

 

その日に限っては

リセットがかけられている台と据え置きの台が混在していたようで

もうなすすべがありませんでした。

 

5円スロットだったのですが2万円が消えました。

 

負けてからの1時間は長く感じました。

 

そのとき、

私は誓いました。

 

もう絶対にお店には行かない」と。

 

ちなみに、

現在までに100万円以上は負けていると思います。

タバコと同じくらいの中毒性があるか、それ以上の何かがあると考えています。

 

自分はそんなことがないと思っているあなた。

 

収支をつけていますか?

 

収支をつけていて、なおかつプラスであれば

今後も楽しいパチンコライフを送っていってください。

 

ただ、収支がマイナスで「パチンコで取り返すぞ」って思っている方は

絶対に今すぐ辞めましょう!

 

その時間、他の趣味に当てたり仕事をしていた方がよっぽどマシです。

借金してからでは毎月の返済に非常に苦労します。

私は、当時趣味の合う友人がいなく仕事でかなりのストレスを受けていたので

ストレスの解消法が「パチンコかスロット」しかありませんでした。

働き始めて4年目くらいですかね。

 

そのときにカードローンに手をかけてしまいました。

家族には打ち明けていませんが、

仕事のストレスでギャンブルで借金作ったなんてことは

口が裂けても言えません。

 

利息分を含めると、働いていた時期に最高で113万円借金がありました。

 

完済予定はあと3年後ですが、

それでも家族の力を借りつつ60万円は返済できました。

 

利息のつくキャッシングや個人間でのお金の貸し借りはNG

カードローンのキャッシングは怖いですよ。

 

理由は簡単で、

毎日利息が発生していくので

返済日に返済金額ピッタリに返済しても

返済金額の半分は手数料として消えます。

 

つまり、元金は半分しか減らないのです。

 

個人間でのお金の貸し借りにも注意が必要です。

 

個人間では、お金を貸し出すのに利息などは発生しません。

 

ただ、返済が滞ると人間関係が崩れます

 

もちろん、「奢ったら奢り返す」というのもマナー的にありますが

これも、人間関係に大きく影響を与えます。

 

心当たりがある人は、周りの人に見捨てられてしまう前に

自分なりに対策を考えてみましょう。

 

私は、Twitterでは偉そうに発言していますが

ここに書いたことは紛れもない事実です。

 

なぜ今日、このブログを書いたのかというと

これ以上、被害者が出てほしくなかったからです。

 

以上、

パチンコ、スロットを辞めます!

といったお話でした。

 

【告知】

明後日は、年金事務所に行ってくるので

その内容も書きたいと思います( ..)φメモメモ

ADHDから見た「発達障害」の書評

みなさん、こんにちわ。

 

Mackyです。

 

お待たせしました。

 

発達障害」の書評を記載していきたいと思います。

 

発達障害」の書評

再度の公表ですが、今回私が書評を記載する本をご紹介します。

 

発達障害 (文春新書)

発達障害 (文春新書)

 

 こちらの本ですね。

はじめ、書店に問い合わせたときは在庫があるのか気になりましたが、

いざ電話してみたら「大量に余っております」と言われましたw

(ラッキーと捉えて良いかも)

 

いざ、購入して読んだわけですが、

メインで取り扱われているのは、以下の3つの症状でした。

ADHD(注意欠陥多動性障害)

ASD(自閉症)

アスペルガー症候群

 

ADHDについては、

私自身も当事者であり説明もたくさんしてきているので

ここでは省かせていただきますm(_ _)m

 

この本の冒頭では、こんなことが書かれています。

なぜあの人は『空気』が読めないのか

この冒頭では、芸能人や歌手など著名な方の紹介はされていません。

 

もっと「昔の方」が発達障害であったことを紹介しています。

 

これは、言い換えると

「最近騒がれてきたけど、発達障害自体は昔からあった」

「ただ、誰もその存在に気付くことができなかった

ことを意味していると感じられます。

 

自閉症(アスペルガー症候群)の事例

 

自閉症の章では、とある人物をモデルとして話を進められています。

 

24歳の青年が「IQ187」という天才であったが、

苦手だったのが「対人関係」。

 

学生時代にはいじめにもあっており、

仕事先でも「空気が読めない」ことが原因で

現場になじめずにいたと言います。

 

ここでは、アスペルガー症候群を次のように呼んでいます。

 

驚異的な能力と世間的な無知さが同居している障害

 

アスペルガー症候群の特徴

 

アスペルガー症候群」の主な特徴は、

コミュニケーション、対人関係の持続的な欠陥

限定されている反復的な運動、興味、活動

です。

 

対人関係での障害が見られるとともに、

強いこだわりを持っている人が多いです。

 

世間に認知されるべき残り3つの発達障害

発達障害の当事者であれば、

もっと自分の障害が世間に認知されて欲しい!

と思うのは当然のことですが、ASDADHD以外にも

3つの疾患があることをご存じでしょうか?

 

その3つの疾患とは、

知的障害(精神遅滞)

限局性学習障害

コミュニケーション障害

です。

 
知的障害の特徴

生まれながら知的機能の遅れが見られるもので、

「日常生活に困難をきたし、社会適応が不良になりやすい」

との記載がありました。

 

しかし、社会適応が不良になりやすいのは

実際のところどうなのかとは思います。

 

知的障害だからといって、必ず不良になるわけではありません。

 

この辺は、解釈が難しく感じました。

 

限局性学習障害の特徴

 

全般的な知能発達に遅れは見られないものの、

聞く、話す、読む、書く、計算する、推論する能力のうち

 特定の領域の習得と使用に著しい困難を示す疾患

とされています。

 

この学習障害の中には、読字障害算数障害などがあります。

 

そのため、昔はADHDと区別されていなかったようです。

精神疾患の確定的な定義はない

驚くかもしれませんが、精神疾患に確定的な定義はないんです。

 

なぜなら、年々障害ごとに新しい知見が発見されているからだそうです。

 

将来的には、あなた自身についている疾患名称が変わるかもしれませんし

実は違った障害だったなんてことも充分にあり得るのです。

 

年金事務所で言われたこと

 

発達障害の本にも記載があったので、この機会に言わせてください。

 

年金事務所で相談員の方と初めて会話したときの一コマです。

 

私「ADHDっていう発達障害を持っているんですよ」

 

相談員さん「それって、大人になってから発症したの?

      それとも、子供のうちから症状があったの?

 

相談員さんのレベルが大体分かった気がしました。

 

まず、発達障害は「生まれつきの疾患」なので

症状を緩和することができても完治することはありません

 

症状を緩和するための薬にも副作用があり露骨に症状が表れます

 

私達としては、

どうにか副作用が出ない薬が世の中に出てくることを

祈るばかりです。

ADHDから見た発達障害の最終的な評価

 

発達障害であれば、

間違いなく買うべき本です(>_<)!!

 

なぜなら、

あなた自身の症状の再確認にもなりますし

あなたが読破したあとで、

「実は発達障害で、この本に書いてある○○っていう疾患なの」

と家族に見せても、非常に理解しやすい構成になっているかと

思います。

 

なにより、

発達障害について9割以上の大人が誤解しているであろう

発達障害の真実が書かれているからです。

 

代表例としては、先ほど挙げた

「成人になってから発症した」と勘違いしている方

がいることを踏まえれば、いかに発達障害が誤解されているか

お分かりでしょう。

 

つまり、この本を買うメリットとして

「家族に現在分かっている発達障害のすべての真実を伝えられる」

ことがもっとも大きなメリットと言えるでしょう。

 

家族とともに今後について考えてみましょう!

 

この本と一緒に、家族と話し合う場を設けてみてはいかがでしょうか?

 

あなた一人で抱え込むのではなく

家族のサポートも非常に大切になってきます。

 

私は発達障害を受け入れて、

家族にカミングアウトもしており、

一緒に診察にも同行してもらっていました。

 

そのため、無理に「こうしてくれ」「ああしてくれ」とは

言われなくなりました。

 

ただ、先生に聞いた話やネットで得た情報が多かったので、

信憑性には欠けていました。

 

正直な気持ち、

企業を退職したときの自分に見せてあげたかったです。

 

お前が苦しんでいるのは

 決して無能だからじゃない

 発達障害のせいなんだ。

 だからこの本を読んで

 自分を受け入れて

 今後の人生について

 考えてみてくれ

 

くらいの言葉をかけて渡してあげたかったです(T-T)

 

それくらい、この本には大事な内容が凝縮されています。

 

本を読み終わった頃には、

あなたの頭の中も多少なりともスッキリしているはずです。

 

私がそうでしたから。

 

 

発達障害 (文春新書)

発達障害 (文春新書)

 

 

書店でも売っているので、

この機会にぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリを分けて誰でもコメント可になりました

 

私が無知で設定をできていませんでしたw

 

はてブをしていただいた方、

本当にありがとうございます。

 

カテゴリも分けているので、

今後は見たいコンテンツだけを見ることができます。

 

コメントを書きたかった方もいたはずですけど((

設定ができずにいたので、申し訳ありません。

 

今後は、どんどんコメントができるので

ぜひコンテンツに共感した方がいらっしゃいましたら

コメントをいただけましたら幸いです(^^)/

 

Twitterにもいるので、

気軽にフォローをよろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

macky3158.hatenablog.com

 

良ければ「はてブ」もしてやってくださいww

 

ご覧いただき、ありがとうございました!

発達障害の本を読んだ話はもう少しお待ちを。

みなさん、こんにちわ。

 

Mackyです。

 

仕事が入らなければ、今日書こうと思っていた

発達障害」の本を読んだ感想ですが、

 

仕事が入ったので、書くのが5日後くらいになりますm(__)m

 

5日以内には、仕事を終わらせて書評を書ければいいなと

考えております。

 

気長にお待ちください。

 

Twitterのフォローありがとうございます!

 

まだまだ、

ライターとして未熟な私を何名かの方が

フォローしてくださいました!

 

ありがとうございます(*^^*)

 

お知らせ

 

これから仕事に戻るのですが

その前に、ひとつお知らせをさせていただきます。。

 

実は「発達障害激励部」という

LINEのグルチャを開設させていただきました!

 

発達障害激励部

 

現在少人数ですが、

コンセプトは、発達障害者にとっての「心の休憩場所」です。

 

活動内容は、

発達障害者が夢や希望を持ったときに全力で応援したり、

SNSでは発信できないような悩みを抱えている方の悩みを

みんなでどうすれば解決できるのか話し合っていく

といった感じです。

 

興味のある方は、下記のコンテンツから

私のTwitterをフォローできますので

グルチャに入りたい理由などを明記の上、

気軽にリプやメッセージを飛ばしてください(*'▽')

 

 

macky3158.hatenablog.com

 

では、また近々お会いしましょう(#^^#)