MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害や二次障害の改善策や思考を綴るブログです。

発達障害×性を語るイベント

どうも!

 

緊張で体力が残り1のMackyですww

 

昨日は、

発達障害×性を語るイベント」に登壇してきました(๑╹ω╹๑ )!

 

非常に興味深い話も聞けたので、記事にすることにしました。

 

発達障害と性だからこそ「話し合い」が大事

普通の人とでも話し合いが難しいのに、発達障害だとなおさら「話し合いが必要なんだな」ってことを、昨日のイベントで痛感しました。

 

発達障害の男性=言われたことを素直に受け止めやすい。

つまり、甘い言葉で誘われたら

「えっ!今夜イケるんすか!?ふおおおおお!!」

となりやすいみたいです。

つまり、相手が冗談で言っていたとしても真に受けやすい。

 

発達障害の女性=性の悩みについて「相談する」選択肢を知らない。

男性に誘われたときに断り方を知らずに、周りに言われて初めて

「あ、断ってよかったんだ」

と気づくことが多い。

 

男女の共通の悩みとしては、上記の2つが挙げられました。

 

赤裸々に楽しく語るからこそ、みんなも楽しく聞いてくれる

性について語ろうとすると、卑猥な印象を受ける人が大半でしょう。

はっきり言って、僕も昨日はそう思っていました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭

 

 

ところがですね…

 

 

嬉しい意味で期待を裏切ってくれたんですよ!!!

 

僕らが過去の性被害について、明るく語ったり真面目に語ったりしていると、みなさんも聞き入ってくれるんですよね。

 

「自助会」ではなく「トークイベント」として、両方のテーマを個人で取り上げたのは、僕が初めてなんじゃないですかね(^ ^)

 

終始、話を真面目に聞いてくださったみなさん、本当にありがとうございました!

 

性に関することだけでなくても、

「病院に行くことに抵抗があったんですけど、Mackyさんの話を聞いて、病院に行ってみることにしました」

と言っていただけたのは嬉しかったですね。

 

もしかしたら、次回も開催するかもしれないので、企画ができたらSNSで公表しようかなと考えています( ´∀`)

 

良ければ、ぜひみなさん来てください(๑╹ω╹๑ )!