MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害や二次障害の改善策や思考を綴るブログです。

「ペルソナ」について

どうも、Mackyです。

 

今日は「誰でも稼げる」ってわけじゃないですけど、稼ぐための一部のコツをご紹介します。

 

※ライターやブロガーは、どんな記事を書くか予想できると思うので、読んでも読まなくても構いません。

 

ペルソナってなんぞや?

ペルソナとは、一言で片付けるならば「空白の人物像」です。

 

例えば、

「20代後半の男性で、仕事もプライベートも上手くいっていない。

今後の人生をどうしようか迷っている」

といった人物像です。

 

※完全に思いつきで書きました。

 

誰か一人に向けてブッ刺すつもりで書く

「こんな人いない」って思うじゃないですか。

 

確かに、完璧に当てはまる人は少ないかもしれません。

 

ここで大切なのって、

「人物像の設定」ではなく(もちろん細かく設定した方が良いのですが)、

 

「ペルソナ」で設定した条件の中に、「この記事を見ているあなたと共感する部分(共通点)」があるかどうかなんですね。

 

つまり、どんなコンテンツ(記事、コンサル、動画)でも、共感する部分や満足してもらえる部分があると、リピーターが増えていきます。

 

ペルソナに向けた伝え方

 

ペルソナに、どうやって自分の思いを伝えるか考えたときに、パッと思いつきませんよね。

 

そんなときは、面白さやトーク術を追求しても良いでしょう。

反対に、面白いことやトーク展開が難しいと考えている人は、論理的に真面目な方向で話を進めていっても良いでしょう。

 

伝え方の練習方法

伝え方の練習方法は、みなさんも一度は経験があるかもしれません。

「相談」です。

 

ただ相談に乗るのではなく、相談に乗った時にどうやって相手に分かりやすく伝えるか。これが大切です。

 

このブログのテーマが「発達障害」なので、発達障害を事例に挙げましょう。

 

例えば、あなたが友人に

「実は発達障害だって診断されたんだ」と打ち明けた後に、

発達障害ってどんな障害なの?」と聞かれたとします。

 

そのときに、

発達障害っていうのは、脳内の神経伝達物質が…」から始めてしまうと、

「つまり、どうゆうことなの?」と相手を混乱させてしまいかねません。

 

発達障害は人によって症状がさまざまなんだけど、共通して言えるのは、

不注意が目立ったり、こだわりの強さが目立ったりすることかな」

と言った方が、相手に伝わりやすいですよね。

 

つまり、誰かの相談に乗ることで、

「こんな悩みを持っている人もいるんだ」と知ることができて、

悩みの種類に対して、どういったアドバイスをすることが効果的なのか、分かるようになってきます。

 

自分を客観的に見ることもできる

自分自身を相談相手に見立てて、客観的に話をしてみるのもアリかなと思います。

「現在の状況を打破したい、このまま一生を終わらせたくない」

「どうしたら良いかな」といった具合で、話しかけてあげると良いでしょう。

心の奥底にある本当の声が聞こえてくるかもしれませんよ。

 

稼ぎたいと思ったら、自分に足りないものを自己分析するときの方法としても使えます。

 

「もし、自分と全く同じ状況の人がいたら、どうやって現状を打破するのか」

こうやって置き換えて考えてみましょう。

 

今までの自分からは、想像もできないようなアイデアが生まれるかもしれませんからね!