MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害や二次障害の改善策や思考を綴るブログです。

アスペルガーの男性にはなぜパートナーが多いの?

どうも、Mackyです。

 

今回は、Twitterでとあるご相談を受けました。

 

f:id:macky3158:20180904183014j:plain

 

その質問にお答えしていこうかなと思いました。

 

アスペルガーの男性にはなぜパートナーが多いのか

今回、ご質問いただいた方は、この記事を読んでご質問をしてくれたようです。

 

macky3158.hatenablog.com

 

当時は彼女がいましたが、現時点では私もフリーです。

この質問者さんも、相当悩まれてこの投稿をされています。

では、順番に回答していきましょう。

 

小中高といじめにあっていた

当時は発達障害だと分かっていなかったため、散々いじめられてきました。

どちらかといえば、「いじめる対象にしやすかった」っていうのもありますね。

時には、同級生の給食の食器を3人分毎日片付けていたなんて時期もありました。

 

いじめられていたもんで、当時は彼女を作るなんて考えたこともありませんでした。

ただ毎日「明日なんて来なければいいのに」と考えていたこともあります。

「自分なんていなくても同じだろ」とか考えていましたね。

自宅で気にくわないことがあると、学校の影響もあって、家の壁とか半泣きでブン殴ったこともありました。

 

俗に言う「黒歴史」です。

 

専門学校では人間関係に失敗

気にくわないことがあると、すぐにSNSではなく前略プロフィール(死語)に書き込んでいました。

そのことで、専門学校に行きづらい時期が長くなっていきました。

自分では「何が悪いんだ?」くらいに思っていました。

 

※今でも本当に人間関係は難しいと感じています。

 

社会人では6年間先輩と話せなかった

後輩とはなんとか打ち解けられたんですけど、社会人生活では結局先輩と話すことはほとんどありませんでしたねえ…

だから仕事にも支障が出て、在宅ワークへの道を選ぶことになったのです。

 

ここまで話してお気付きの方も多いでしょう。

はい、完璧な「コミュ障」と「場面緘黙」です。

 

間違ったことを発言したら怒られる。

こう考えてしまうことで、仕事の進捗を報告することができずに、何度も怒られていました。

 

恋愛においてはどうだったのか

恋愛においても、無神経な(本人は全く悪気のない)発言を繰り返すことが多く、駆け引きができない性格だったので、ひたすら押しまくっていました。

だから、ほぼ全てのパートナーには「重い」と思われていたはずです。

 

ただ、一度付き合うと、比較的長続きすることが多かったですね。

 

最長で3年ちょっとで、よほどのことがない限り、私から別れを切り出すことはなく振られる側でした。

 

アスペルガーの男性がパートナーを作るには?

前置きが長くなってしまいましたね。

 

では、アスペルガーの男性がどうやってパートナーを作ればいいのか、お話していきますね。

 

好みの女性とあなたに共通の趣味があるか

大きな要因の一つだと思います。

アスペルガーの人は、特定のことに対して、こだわりが強く出る傾向にあります。

その強く出るこだわりに、共感してくれる女性を見つける努力をしてみてください。

 

例えば、私でいえば

「この歌手が好き」「この歌手と同じ服を着たい」「歌が好き」

といったこだわりがあります。

 

そのこだわりに一つでも共感してくれる女性がいれば、ぼくならアタックします。

 

顔では判断しない

私は過去に「顔で女性を選んで悲惨な目にあってきた」ので、性格で選ぶようにしています。

その証拠に、過去に友人から言われたセリフで、

「今だから言えるけど、お前の彼女で可愛い子いなかったよな?」

と言われたことがありました。

そのセリフに対して、ぼくは別に怒りませんでした。

なぜなら、「自分が好きならそれで良い」と思っていたからです。

 

とにかく行動しまくった

これが一番大きいですね。

自分の好みの相手、趣味が合う人、とにかく行動しまくりました。

パートナーが欲しければ、ひたすら行動するしかないと思っています。

 

綺麗事抜きで言えること

パートナーは無理して作るべきじゃないです。

少しでもフィーリングが合えば別ですが、そうじゃない限り「パートナーを作ること」が目的になってしまい、「パートナーとどう過ごしたいか」まで考えられないです。

 

だから、アスペルガーの男性というよりは、「自分に合う女性を見つけるために行動を続けている男性」が良い人と巡り会えるのではないでしょうか。

発達障害や二次障害に理解がある人が前提

どうしても彼女が欲しければ、「結婚相談所」や婚活パーティーといった施設やイベントも普及してきているので、利用してみてはどうでしょうか。

近くの友人に声をかけてみても良いでしょう。

 

そのときに、「あなたの症状を伝えて理解してくれる女性」でなければ、深い関係にはならない方が良いかもしれません。

 

このブログを持って、お返事と返させていただきますm(_ _)m!