MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害や二次障害の改善策や思考を綴るブログです。

10年間で3人の親族を亡くした今の心境

もうそろそろ、夏も終わりますね。

 

今年の夏は、夏らしいことを特にしないまま終わりそうです。

海にも行っていませんし、花火もしていません。

 

まあ、それどころじゃなかったんですけどね。

 

今年の夏は、家族に向き合う夏でした。

 

精神科へ家族と一緒に行って話してもらう

今月の上旬の話ですが、家族と一緒に精神科へ行ってきました。

発達障害について、ちゃんとした説明を受けてもらうためです。

それまでは、親と喧嘩している状態になっていましたが、帰りの車の中で自分の心境や考えを全てぶちまけました。

親とは、その後こうして欲しいなどの話し合いができたので、まあ良かったかなあと。

その帰りに、母の実家によって、病院で話したこと、発達障害のことを話してきました。

 

死別ほどつらいものはない

僕は現在までに、親族と3人死別しています。

中学生くらいのときに祖母、高校を卒業するくらいのころに父と死別しています。

そして、先日、祖父と死別しました。

祖父は事あるごとに、僕の悩みを聞いてくれていたので、心の拠り所でした。

「他の人の意見は参考にしなくても良いから、祖父の意見だけはしっかり聞こう」と子供ながらに考えていましたし、尊敬していました。

 

その祖父と死別する日が来ると、いつかは分かっていました。

覚悟も決めていました。

しかし、いざその時が来てみると、やっぱりつらいです。

いくら人の気持ちが読み取れなくたって、他界した親族を目の当たりにしたら、自然と涙が頰を流れます。

言葉になんかできるわけないじゃないですか。

こうして書いている間も、少し涙腺が緩んでいるんですから。

 

現在の心境

幸い、パニック発作は起きませんでした。

そして、考えることは普通の人と変わりませんでした。

「あの病院に入院したから、祖父は死んだんだ」

これは、誰もが陥る心境だと考えています。

 

心境の変化といえば、「後悔」だけはしませんでした。

なぜなら、以前にも同じようなことがあり、生きてるうちにできることはしたからです。

自分なりに考えたことですが、「握手」をしました。

あのときの力強さは忘れることはないでしょう。

 

発達障害の僕なりに考えた、最善の方法でした。

だから、「あのとき、ああしておけば良かった」といった後悔はありません。

 

唯一変わったのは、未来のことなんて考えずに「いまを生きる」ことに感情が変わっていったことです。

 

「いまを生きる」

 

この考え方に行き着くまでに、3人と死別しなきゃ気付けなかった僕も相当なバカです。

未来なんてどうでも良いです。

いまを生きれなければ、未来なんてないんですから。

だから、今後身体が悲鳴をあげない限りは、先延ばしにすることはないでしょう。

 

発達障害は治らなくても、価値観や考え方を変えることなんていくらでもできます。

 

今後は、「自分のため」に生きていきます。

余裕ができてきたら、みなさんにも還元させてください。