MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害や二次障害の改善策や思考を綴るブログです。

母親を連れ添って病院に行ってきました。

今日は母親を連れ添って病院に行ってきました。

 

病院では、先生から改めて発達障害の説明をしてもらい、終わりました。

 

実は先日、先生から個人的にお話を伺ったときに、ある変化が私の中で起きていました。

このままじゃやべえ

今までは、自分の遊ぶお金だけ稼いで、他の支払いはすべて親任せにしていました。

なぜなら、「努力」することが嫌いだったからです。

 

未成年のときに嫌いだった言葉ベスト3!!!

僕が未成年のときに嫌いだった言葉が3つあります。

それは「努力」「根性」「気合い」です。

ただ、発達障害と診断されてフリーランスになってから、いろんな人に出逢い情報を共有していくことで、ある考えが芽生えてきました。

 

昔は、「金持ちなんて一部の富裕層だけがなれるもんだから、努力したって意味ない」って考えでしたが、「他の人のノウハウを良いとこどりして、継続して努力すれば結果はついてくるんじゃないか?」って考えが芽生えてきました。

 

お仕事がたくさんもらえる嬉しさ

最近になってやっと、仕事量を調整する前に「仕事がもらえることを嬉しく思おう。そのうえで、仕事を天秤にかけてみよう」と考えるようになりました。

 

こういった経緯があり、お金を稼げる目処がついてきたので、母親に自分が思っていることの9割くらいを話しました。

 

親から言われたことは、

「忘れちゃうから、紙に書いておいて」

「お前には存在意義があるよ、なければこの世に生まれていない」

でした。

 

親も上手くは言えないので、僕の心にはあまり響きませんでしたが、それでも言ってくれて嬉しかったですね。

 

「この家にいるのは僕じゃなくても良いんじゃないか?」とすら考えていたので。

 

「努力」という言葉は好きじゃないけどしない方が怖くなった

先生から診察を受けたときに、初めて「努力しない方が怖い」と感じるようになりました。

 

それは、先ほども言った通り収入の目処が立ったのと、SNSの同業者の頑張りが大きいですね。

 

比較しているわけではありません。

 

ただ、自分自身に「このままで良いのか?」と問いかけただけです。

 

はっきり言います。

 

僕はこのまま人生を終えたくはない!!!

 

だからこそ、27年間嫌い続けてきた行動を取ることにしたのです。

「努力」という行動を。

 

今後は好転していく

腹を割って話したので、これからは伸びていくでしょう。

現在ほど、仕事に飢えている状況はありませんでしたし、何より「お金がほしい」んです。

ここまで飢えたことはありませんでした。

仕事の達成感も、考え方が変わってからは、存分に味わえるようになりました。

 

今後の展開にご注目ください!!

 

もしこの話に共感していただけましたら、Twitterのフォロー、もしくはブクマか読者登録をお願いいたします(๑╹ω╹๑ )!