MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害や二次障害の改善策や思考を綴るブログです。

身体は正直である

みなさま、お久しぶりです。

 

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか。

 

私は、いろんな人に出会って、刺激をもらっています。

 

だからこそ、気付いたことをお伝えしようと思います。

 

身体は正直である

 

本当に身体は正直です。

 

以前、彼女から了承を得ていたとはいえ、何人かの女性と性交渉をしたことはお話ししましたよね。

 

実は、それ以来身体にある変化が起きているのです。

 

ちょっと赤裸々にお話ししますね。

 

※ど下ネタではありませんが、私のブログに来てくださる方が、みなさん同じ検索ワードから入ってくるので、あえて書かせていただきます。

 

いくら魅力的な女性を見ても興奮しない

 

彼女以外でいくら魅力的な女性がいたとしても、「性的興奮」を感じなくなりました。

 

早い話が、彼女以外の女性と、万が一ワンナイトラブをしようとしてもできない身体になっているのです。

 

それは、私が彼女のことを信頼し愛しているからだと感じていますが、やはり一番は信頼関係と安心感でしょうか。

 

もし「言ってることとやってることが矛盾してるじゃねえか」と思った人は、過去記事を読んでみてください。

 

お互いに尊重しているからこそ、できることです。

 

普通の人には、理解し難いのかなと考えています。

 

今回は、性交渉を例に挙げて書いていますが、実際にどんなことに対しても「身体は正直」だと私は感じます。

 

「精神的に安心できる環境」が集中しやすい

私は、身体が正直すぎるが故に、精神的に安心できる環境が必要です。

 

だから、毎日仕事をしているときは、外部からの情報を遮断するためにカナル型のイヤホンをしています。

※音楽は流していません。

 

あとは、たまに人と会って話をするようにしています。

 

この2つのルーティーンが乱れると、おそらく支障をきたします。

 

身体が悲鳴をあげて、体調を崩してしまうんです。

 

感覚過敏は環境によってどちらにも働く

 

現在までお話ししてきたのは、感覚過敏によるお話です。

 

実は、この感覚過敏は「ただ配慮してもらうだけではダメ」だということが分かりました。

 

いくら環境を設定したとしても、その環境にあなたが「慣れない」と、本当の意味でリラックスしているとはいえないのです。

 

リラックスしていないということは、何もしていないのに身体に負荷がかかります。

 

つまり、非常に疲れやすくなってしまうんです。

 

とくに、私の場合は「薬は関係ないけど、過敏すぎて飲めない体質」です。

 

今後の課題は、不安障害と感覚過敏をどう攻略していくかですね。

 

まあ、避ければ良いだけの話なんですけどねw

 

感覚過敏の身体は、人一倍敏感で正直です。

 

だから、感覚過敏で苦しんでいる人は、迷わずに助けを求めましょう。