MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害や二次障害の改善策や思考を綴るブログです。

精神障害者保健福祉手帳(障害者手帳)の今更聞けない使い方

みなさんは、保健福祉手帳の使い方をご存知でしょうか。

 

発達障害をお持ちの方なら、誰もが通る道だと考えられます。

 

自立支援受給者証と混同しがちなので、その違いについても紹介していきましょう。

 

自立支援と障害者手帳の申請方法

どちらも、「自ら申請しないと書類をもらえない」ところがポイントです。

 

両方とも、お住まいの区役所の福祉課で書類を受け取ることができます。

 

発達障害をお持ちであれば、自立支援と障害者手帳は取得しておいたほうがいいでしょう。

 

各書類のメリット

 

自立支援のメリットは、なんといっても「医療費に上限ができて、1割負担になる」ところではないでしょうか。

 

地域にもよりますが、最大でも1万円が上限になると思われます。

 

経済面では、非常に助かりますよね。

 

発達障害だけではなく、発達障害から派生した二次障害にも適用されるので、非常に使えるのではないでしょうか。

 

保健福祉手帳のメリットは、「公共機関と公共施設が割引になる」ことです。

 

ぜひ利用して欲しいのが、バスとタクシーです。

 

少なくともタクシーでは、障害者手帳を見せれば「1割引き」にしてくれるそうです。

 

※タクシーの運転手に確認済みです。

 

バスは高速バスしか経験がありませんが、乗車料金が「半額」になります。

 

頻繁に高速バスを利用する方は、ぜひ利用しておきたいですよね。

 

電車でも使えるのですが、「知的障害を持っている方のみ」の適用となります。

 

公共施設に関しては、施設に電話で確認してみてください。

 

私が確認したときは、「八景島シーパラダイス」が割引対象となっています。

 

同乗者も割引されることがある

 

全ての公共機関に確認したわけではありませんが、タクシーと八景島シーパラダイスでは、同伴者も料金が割引されました。

 

他の施設や機関も割引されるかもしれないので、確認してみても良いかもしれませんね。

 

ぜひ、障害者手帳を有効活用してみてください。