MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害(ADHD、ASD)や二次障害(社会不安障害)の改善策や思考を綴るブログです。

ギャンブル依存症が治りました。

みなさん、お久しぶりです。

 

なかなかブログを更新できなくてすいません。

 

実は「8年間縛り付けられていたギャンブル依存症」から、ついに脱出する方法を見つけることができました!!!

ギャンブル依存から脱出できたきっかけ

これは、私の些細なつぶやきから始まった一言です。

すると、フォロワーさんから

「参考になるか分かりませんが、こんなブログコンテンツがあります。

 ぜひご覧ください」と進めてくれたブログがありました。

 

そのブログは、全部で関連記事が7記事あったのかな?

 

見ていくと、私と同じように

「本当に泥沼に足を突っ込んでしまった」状態から、

どうやって抜け出すことができたか。

といった内容が書かれていました。

 

内容は、本当に目から鱗のような内容でした。

ギャンブル依存になる仕組みが書かれていたのと、本当のギャンブル依存者はこんな行動をするといった内容でした。

「奇跡」の連鎖

ブログを読んだだけでも、充分すぎるほどの説得力があったのですが、

なにが奇跡かって、「コンテンツを作ってくれた方がフォロワーさんだったこと」です。

 

おかげさまで、さらに「具体的なアドバイス」をいただくことができました。

 

おそらく、今後はギャンブルをすることもなくなるでしょう。

 

ギャンブル依存症を治す方法

具体的なことは、あとで「リンクブログ」を書いてそこに貼らせて頂きます。

そちらから、ブログをご覧ください。

 

学ばせて頂いたことを簡単にまとめます。

  • 狙い台ではない台で、一気に負債を収益に変えられてしまった
  • そのせいで「ギャンブルで確実に勝てる」といった錯覚が生まれる
  • 結果、同じ打ち方をして負ける
  • 「これで最後」を繰り返す

上記のことを避けるためには、「不安」をなくす必要があります。

 

どんな「不安」があるのだろう

ギャンブル依存症だと自覚している方は、どのくらいいるでしょうか。

私は「ギャンブル依存症」だと自覚していたからこそ、今回克服することができたのだと思います。

 

では、どんな不安が、あなたを「ギャンブル依存」へと進化させてしまうのか。

それは「金銭面の不安」です。

金銭面の不安

言い方が悪くなってしまうので、あらかじめお詫び申し上げます。

ギャンブルにハマってしまう人って、「金銭面で困っている方」が多いのではないでしょうか。

 

芸能人でもギャンブルをされている方がいますが、芸能人は「娯楽」と割り切ってやっています。

 

しかし、私たち庶民はどうでしょうか。

 

月収15~18万円で生活をしている方が、ほとんどではないでしょうか。

(収入が悪いと言っているわけではありません)

 

月収の少なさは、金銭面の不安に直結しやすいですよね。

 

そのため、ギャンブル依存になりやすいのです。

ギャンブル依存最大の敵は「金銭的不安」

ギャンブル依存症のあなたは、こんな経験ありませんか?

「本当は手を付けちゃいけないお金だけど、投資したら負債額を捲っただけでなく収益までもっていけた」

これが、もっとも危険なパターンです。

 

あなたの中で、「いざとなったらパチンコに行けば、お金はなんとかなる」といった、とんでもない方程式が完成します。

 

つまり、「お金がなくなってきたらパチンコに行く習慣」が身に付いてしまいます。

 

ところが、お金があったらあったで「さらに増やそう」と行ってしまいます。

 

この根底には、金銭面に不安があるのではないでしょうか。

 

ギャンブル以外でお金を稼ごう

ギャンブルだけだと、お金は確実に減っていきますし「得るもの」がありません。

 

それならば、お金に困らない他の趣味や仕事を探した方が良いかもしれません。

 

ぜひ、この記事と元の記事を、ご覧になってギャンブル依存症を克服するきっかけにんあれば幸いです。