MackyのポンコツライターDiary

MackyのポンコツライターDiary

発達障害(ADHD、ASD)や二次障害(社会不安障害)の改善策や思考を綴るブログです。

本のご紹介

おはようございます。

 

先日、フォロワーさんに

「読んでいる本を教えて欲しい」と言われたので、1冊ご紹介させていただきます。

 

私が最近、毎日読んでいる本は

時代のすべての異端児達へ 覚悟の磨き方

という本です。

 

 

すべての人間へ共通して響く本

発達障害者だけでなく、

すべての人間は必ずしも悩みを抱えながら生きています。

 

あなたは、「自分の悩みの根底」を考えたことがありますか?

 

たとえば、人間関係が上手くいかない理由とか。

 

人間関係が上手くいかない理由は、仕事やプライベートの環境変化による部分もあります。

 

しかし、根底にあるのは「あなた自身の心」です。

 

あなた自身が、その悩みとどう向き合い解決していきたいか。

 

向き合う「覚悟」はできていますか?

 

いざ向き合おうとしても、

 

「考えてはみたけど、やっぱりオレ(私)には無理だよ...」

 

という結論に至る方がほとんどではないでしょうか。

 

私も例外ではありません。

 

発達障害が発覚して、仕事を辞職。

 

その後、「自分にできることはなにか」も懸命に探しました。

 

macky3158.hatenablog.com

 昔、仕事でとあるクライアントさんに言われたことがあります。

 

「あなたには覚悟が足りない。

 だからなにひとつ満足に達成できないんです」

 

いま考えると、まさにその通りだなと思います。

 

この世は残酷なことに、

労働しなければ生活していけません。

 

好きなことを仕事にして生きていくにしろ、

嫌いなことを仕事にして生きていくにしろ、

「生きていく」以上は、なにかしらの覚悟って必要ですよね。

 

どちらの過程にも、

必ず「何かしらの壁」が立ちはだかります。

 

その壁を越えなければ、

好きなこと、嫌いなことのどちらで生きていくのも難しいのではないでしょうか。

 

逆に言えば、

「覚悟」を決めれば「迷い」もなくなるので、

目の前の敵を倒していくだけになります。

あなたはひとりではありません

以前もブログでお伝えしましたが、

「あなたはひとりではありません」

いざとなれば、動いてくれる方が周りにたくさんいるのではないでしょうか。

 

家族、友人、恋人、仕事仲間など、

あなたが信頼している方であれば、誰でも構いません。

 

あなたの覚悟を伝えてみましょう。

理解のある仲間であれば、

「応援するよ!」と言ってくれるはずです。

 

macky3158.hatenablog.com

 

 

macky3158.hatenablog.com

 

この本からのメッセージ

最後にこの本から私が感銘を受けた文章を、

一部掲載させて頂きます。

 

「この命をどう使い切るか、ついに志を立てる時がきた」

「『自分が今やらなければいけない、一番大事なことはなにか?』をハッキリさせてください。悩むべきは、そのことだけです」

「今日という日は二度ときません

死ねばふたたびこの世に生まれることはありません

だから大切な人を喜ばせるために

少しの時間も無駄にしてはいけないんです」

 

健常者に限らず、発達障害者がこの本を読むと勇気をもらえるはずです。

 

私の場合はとくに忘れやすいので、毎日ふとしたときにこの本を読むようにしています。

 

そのたびに、勇気をもらっています。

 

この本には、全部で「200個」以上の文章が記載されています。

 

良ければ、買って読んでみてください(*^_^*) 

 

 

次回また違う本をご紹介します

他にも、ご紹介したい本はたくさんあります。

 

しかし、今回はどうしてもこの本を紹介したかったのです。

 

次回以降も読んでいる本をブログで紹介させて頂ければと思っています。

 

ぜひご覧ください!