障害Webライターの半生

障害Webライターの半生

ウェブライターとしての現状と、ADHDやパニック障害といった日々と向き合っている様子を、ブログとして書いていきます。

1日落ち込んでいた。

みなさん、こんにちわ。

 

購読者のみなさん、いつも読んでいただきありがとうございます。

 

Mackyです。

 

今日は、ちょっとした小話をしようかと思います。

 

あるクライアントさんと、朝方もめてしまいましてね。

 

揉めた理由は、私が「契約をなかったことにしてほしい」と申し込んだことから始まりました。

 

条件的に、結構厳しいクライアントさんでですね。

 

1週間くらい続けていたんですけど、自分の時間が作れない事態に陥ってしまったので、辞めたいと申し出たんですね。

 

詳しいことは省きますが、まあボロクソに言われました。

 

発達障害者は、非常に繊細な心の持ち主です。

 

一度落ち込んだら、どんなにポジティブな時でも丸1日落ち込みます。

 

どんなお仕事をするときでも、大切にして欲しいことがあります。

 

それは、事前準備をしっかりすることです。

事前準備について

事前準備は、その言葉通り、現在の自分の状態を把握して、続けていくことができるかどうかを探ることから始まります。

 

どんな仕事でも、募集項目をしっかりと確認しましょう。

 

仕事選びで失敗するパターンは大きく分けると

 

・自分が月にいくら稼ぎたいかしか頭にない

・自分のやりたい作業が1つあるだけで、労働時間を度外視してしまう

 

の2パターンになるかと思います。

 

仕事選びで成功しやすい方法

仕事選びで成功するためには、失敗するパターンにあてはまる仕事を、全て省かなければいけません。

しかし、この作業を繰り返していくと、ある着地点が見えてきます。

自分に向いている仕事ってあるのか?っていうところです。

 

そこで参考になるのが、林修先生の授業です。


東進ハイスクール林修先生 仕事論

 

林先生の授業には、私も感銘を受けることが多々あります(実際には、仕事をするときに集中できていませんがw

 

例えば、あなたが「この分野なら誰にも負けない」と自負できることがあるとします。

そうしたら、あとはその分野で努力し続けていくしかないんです。

 

できることなら、なるべく1本の仕事で勝負していくことが望ましいです。

何かを本職として仕事をしながら、別のことを副業でやろうとすると、私のように必ず身体を壊します。

私が落ち込んでいた理由は、自分の飽き性を直すために他の案件に手を出したところ、その方が非常に熱意のある方で、辞めるといったときに「これでもか!」ってくらいにズタボロに言われたことが原因です。

 

私のいけない点は、今の仕事以上に良い案件があるんじゃないかと、リサーチしてしまうところにあるんですよね。

 

これは、発達障害、健常者の両方に言えることですが、自分の得意な分野を見つけたらその道1本を極めて、土台作りをしましょう。

 

土台が完成したら、今の仕事を辞めても良いと思います。

 

実績という土台が完成した時に、初めて土台を元にして自分のフィールドで展開していくことができると思うんです。

 

だから、まずは自分の得意分野を見つけることから始めていきましょう!