障害Webライターの半生

ウェブライターとしての現状と、ADHDやパニック障害といった日々と向き合っている様子を、ブログとして書いていきます。

初心にかえる

みなさん、こんばんわ。

 

Mackyです。

 

更新頻度が遅くてすみません。

 

ウェブライティングについて勉強しながら執筆をしているので、どうしても時間が取れなかったんですよ。

 

そこで、今日は簡単に「ウェブライティングってどんな仕事なのか」について、触れておきます。

 

文章に命を吹き込む仕事

私は、ウェブライティングとは「命を吹き込む仕事」だと考えています。なぜなら、ネット上に転がっている情報を見ることで情報を収集して、生活に役立てているからです。

例えば、ゲームのダンジョンが複雑すぎて、ゴールが中々出来ないとします。そんなとき、あなたならどうしますか?

迷わずに、ダンジョンの情報をインターネットで調べますよね。ダンジョンの情報が分かったあなたは必ず「満足感」を得るはずです。

実は、ダンジョンの情報こそ、ウェブライターが書いた情報なのです。

つまり、私たちはウェブライティングをすることによって、多くの人物に満足感を与えるために、文章に命を吹き込んでいるのです。

 

良くも悪くも「歩合制」

 

ウェブライターの給料は、月給制ではなく完全歩合制です。

 

雇用されている人間と大きく違うところは、頑張った分だけ毎月の給料に反映されますが、一定金額の補償がないことです。

各社員によって、仕事能力が異なります。しかし、月々の給料は15万円前後で保証されています(金額が前後する企業が多いです)。

 

 

個人事業主となった、私たちフリーランスは仕事をもらわなくては生活していけません。そこで、仕事をもらうために活用しているウェブサイトが、「クラウドワークス」と「ランサーズ」の2社です。

 

この2社にはいつもお世話になりっぱなしで、感謝しております。

 

まさか、自分が得意とする文章作成で、自宅にいながら仕事が出来る日が来るとは、夢にも思っていませんでした。

 

まだ途中で何もまとまっていませんが、近日書く日記ではタイトルの意味が分かるかと思います。

 

それでは、おやすみなさい。